学校の当たり前をゼロから問い直そう 平井聡一郎氏(情報通信総合研究所特別研究員)インタビュー

 GIGAスクール構想の1人1台が整備され、本格的な活用が始まる2022年度。これからどのような取り組みが必要なのか、公立小中学校で教員、校長を務め、現在は情報通信総合研究所特別研究員として自治体や学校現場を支援している平井聡一郎氏に聞いた。

【協賛企画:EDIX実行委員会】

新しい学習指導要領の学びの実現のために
平井聡一郎氏

 「とりあえず端末と通信環境の最低ラインがそろった」と表現する平井氏は、「活用すればするほど、使わなければ分からない課題が出てくる。そして見えてきた課題を一つずつ丁寧にクリアして、足りないものを充実していくことが大事」と語る。

 ただし、学校現場が、今までと同じスタイルの授業の中でICTをどんどん巧みに使えるようになってしまうことを危惧する。子供たちがホワイトボードに書いて発表していたものがタブレットに替わったとか、掲示物がプレゼンに替わったというレベルでは、本当にICTを活用したことにはならないのではないか。次の段階に進むには何が必要となるのか。

 平井氏はまず原点として「GIGAスクール構想は、新しい学習指導要領の学びを実現するために、必要な機器環境を整備するという位置付けである」と指摘する。「個別最適な学習」「協働的な学び」につながっているか、常に振り返ることがポイントになるという。

 今年ステップアップするためには、「新しい学びのイメージをどれだけ教職員がつかめるか」「課題は、多くの教職員がそういう学びを経験していないこと」だと指摘する。第一に、研修の充実が必要となる。同時に、教育委員会や管理職のリーダーシップも重要だ。子供たちが、自ら考え、判断し、行動できる、そういう学校にしていくためには、まずは取り組める授業から変えていくことだと一歩一歩進むことを呼び掛ける。

 「例えば『こういうテクノロジーを使うと、こんな学びができる』ということを、学校、保護者、子供たちで共有していくことが大事なのではないか」。その上で、「新しい学びのイメージ」を実現していくために、「学校の当たり前をもう一度ゼロから問い直すこと」も大切だと訴える。

 例えば、協働的な学びになってきたのならば、机は自由に動く方が良いのではないか。また、意見をアウトプットしやすいように教室の壁が全部ホワイトボードでも良いのでは。

学校文化の抜本的な見直しを

 そして「子供たちが使う機器も、あの小さな画面だけでいいのだろうか、1人1台でいいのだろうか」と平井氏。大人は、タブレットとノートPCと、さらにデスクトップまで、用途によって使い分けて仕事をしている。安易にコンピュータ室をなくすのは考えものだろう。また「学校の学びと社会が、きちんとリンクしていることが必要」と語る。そして、教職員の校務支援も、クラウド対応にすることで、テクノロジーに任せられるものは任せるという働き方改革もあるだろうとも語っている。さらに、GIGAスクール構想は、最終的には学校文化の抜本的な見直しにつながるということを強調した。

 今、何が必要かわからなければ、どうすればいいか。その意味でEDIXには、「これからの教育はどこに向かっているのかという、方向性のヒントがある」と語る。「やみくもに迷走しても仕方がない。試して、体験して、イメージをつかんでみる。EDIXだと一度にまとめて比較ができる、自分のところにないものを試せる機会だから、これを生かさない手はない」と説明する。

 なお、平井聡一郎氏は5月13日(金)EDIX東京展におけるセミナー<教育ICT先駆者によるパネルディスカッション 【iTeachers Talk LIVE!】 ICT導入で「学び方」「働き方」はどう変わる?>に参加する。

教育総合展 EDIX webサイト

[教育新聞ブランドスタジオ制作]

あなたへのお薦め

 
特集