【学校図書館特集】教育の転換期の課題と向き合う多様な活用事例や情報が満載

 1人1台端末環境での学習が本格的に始まってから約1年、教育現場は教育の転換期を迎えている。学校図書館も、情報サービスや学習支援、読書推進のあり方などに対して変化が迫られており、ICTを日常的に目的達成のための手段として有効活用することが必要となってきている。

 今回の特集では、そのような背景をふまえ、文部科学省の学校図書館に関する動向や施策に加え、「これからの学校図書館に求められる課題」をテーマに、文部科学省担当者、現場の教諭、学校図書館に関わりのある各団体の識者から意見を寄せてもらった。

 また、学習指導要領にうたわれている主体的・対話的で深い学びの実現に向け、学校図書館の教科との連携、家庭・地域との連携、校長のリーダーシップ、ICTの活用、新聞活用、司書教諭と学校司書の協働した学校図書館運営など、探究的で多様な事例を紹介する。


国の学校図書館に関する動向や分かりやすく解説
学校図書館関係の識者から提言
主体的・対話的で深い学びの実現に向けた探究的で多様な事例紹介

あなたへのお薦め

 
特集