第47回全日本教育工学研究協議会全国大会(大阪大会)の見どころとICT教育の現状とこれから 日本教育工学協会会長/横浜国立大学大学院教育学研究科教授 野中 陽一

 第47回全日本教育工学研究協議会全国大会を、文部科学省、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会をはじめとする関係者の方々のご協力を得て、開催できますことに心より感謝申し上げます。

 大阪大会は、新型コロナウイルス感染症対策のため、オンライン開催となります。授業公開は、多様な教科・領域の20以上の授業の配信を予定しています。これまで学校情報化先進校に多く選ばれ、400校を超える優良校が認定され、先進地域の認定を受けた大阪市内の学校、そして、それに加え、大阪府立高等学校の様子を開催約1週間前から配信します。申し込みをしていただいた方は、全ての学校の公開授業動画の視聴が可能ですので、じっくりと授業を見ていただければと思います。なお、研究協議会は、大会当日Zoomによる同時双方向で学校別に開催いたします。

 本大会のテーマは、「ICT活用を通した未来につなげる新しい学習のスタイル」です。

 新学習指導要領、新型コロナウイルス感染症対策のために前倒しとなったGIGAスクール構想、これらを踏まえて中央教育審議会から答申された「「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す、個別最適な学びと、協働的な学びの実現~」に向けて、教育委員会、学校などはさまざまな取り組みを進め、ICTの活用によって、Society5.0時代にふさわしい新しい学習スタイルが生まれつつあります。一方、GIGAスクール構想により、機器の整備は進みましたが、活用の温度差は、教員間、学校間、地域間のそれぞれで生じているという指摘もあるようです。Global and Innovation Gateway for Allの意味を再確認し、子供たちの学びに格差が生じないよう、大阪におけるさまざまな取り組みを、授業公開、研究協議会等を通して学ぶと同時に、全国各地の多様な取り組みについても80件を超える発表が予定されている研究発表などで共有し、課題を乗り越え、より良い実践への糸口となることを祈念いたします。

 日本教育工学協会の活動は、主に賛助会員の皆さまからのご支援、ご協力に支えられて行われております。オンラインによる新たな企画として18時からのセッション「ICT機器の活用実践/ICT機器紹介」も実施します。企業の方々との交流もぜひお願いいたします。

 全国の教員現場の方々、教育情報化関連企業の方々、教育の情報化を研究対象としている教育工学研究者の方々には、ぜひ、充実したプログラムを通して実践と理論の交流を行い、連携協力関係を築いていただければ幸いです。

【戻る】

あなたへのお薦め

 
特集