(提言)知的な喜びや満足を期待【算数・数学教育特集】

第98回全国算数・数学教育研究(岐阜)大会の研究主題「学ぶ充実感のある算数・数学教育」に合わせ、「学ぶ充実感のある算数・数学教育への提言」をテーマに学者、研究者、実践者らに提言してもらった。


 

筑波大学人間系准教授 蒔苗直道

算数・数学教育について考えるとき、児童生徒の学びに充実感は必要ないという人は稀であろう。算数・数学の学びは、つまらないよりは楽しい方がいいし、嫌々やらされて終わるのではなく、何か得るものがあったと感じたり、何かを成し遂げたと思えたりする方がいい。こうした学びに対する充実感には、学びを通して得られる結果であるということだけでなく、後の学びの原動力になったり、自ら学ぶ意欲につながったりするなど、後の学びに対してよい影響を与えるという面もある。

戦後の学習指導要領の算数・数学においては「充実感」という言葉は用いられていない。だが、学習指導要領解説まで広げてみると、高等学校数学の「数学活用」の解説で、社会生活における数理的な考察について「指導に当たっては、数学的活動を一層重視し、生徒が充実感や達成感をもって学習が進められるようにすることが大切である」との記述がある。

また、ここで挙げられている類似の言葉「達成感」は、中学校数学の数学的活動の特性の解説で、「成就感や達成感などを基にして自信を高め自尊感情をはぐくむ機会も生まれる」と述べられている。算数・数学教育での学ぶ充実感は、算数的活動や数学的活動のねらいと関連付けて考えるのがよいであろう。

算数的活動や数学的活動では、児童生徒が目的意識をもつことと、主体性をもって算数・数学に取り組むことが重視される。現在進行中の教育課程の改訂において示されたアクティブ・ラーニングに共通する考え方でもある。この点に着目すると、児童生徒が、なぜだろうとか、どうなるんだろうと、自分が感じた疑問や問いから問題解決が始まり、試行錯誤や結果の予想、既有の知識や技能の活用や発展、解決の実行を、自分自身で、また、仲間といっしょに経験することが重要となる。こうした経験から、児童生徒は、算数や数学のおもしろさ、問題を解決することの楽しさ、考えるということの意味、意義に触れることになる。

この経験における充実感や達成感には、まず、答えが出せたことへの喜びや満足が挙げられるだろう。算数・数学が好きな理由として、こうした正解が出せる、問題が解ける、ということを挙げる児童生徒は多いし、これが学びへの意欲や人間的な成長に資することも事実である。だが、算数的活動や数学的活動の成果として期待したいのは、こうした満足にとどまるのではなく、もっと内面的な必要性が満たされる充実感や達成感であろう。

今まで知らなかったことが分かったり、考えてもみなかった見方や考え方が理解できたり、これらに深く共感して、すごい、おもしろいと感じたりすることである。自身の主体的な取り組みと相まって、こうした知的な喜びや満足を得ることが、算数的活動や数学的活動のねらいである。児童生徒に学ぶ充実感を感じてもらうには、その授業で、どんな知的な喜びや満足を期待するのか、ねらうのか。このことが重要である。

関連記事