(提言)比較・観察の目を教師自身が持つ【算数・数学教育特集】

第98回全国算数・数学教育研究(岐阜)大会の研究主題「学ぶ充実感のある算数・数学教育」に合わせ、「学ぶ充実感のある算数・数学教育への提言」をテーマに学者、研究者、実践者らに提言してもらった。


 

東京都文京区立第六中学校主幹教諭 岡田春彦

PISAやTIMSSの報告によると、下降傾向にあったわが国の算数・数学の平均得点が上向いたという朗報がある一方で、「数学の勉強が楽しい」「数学を勉強すると日常生活に役に立つ」「他教科を勉強するために数学は必要だ」に対する回答は、いずれも世界の平均を下回り、依然として数学に興味・関心・楽しみを感じている生徒の割合は世界の平均よりかなり低い。

さらに、「成績が良いと楽しい」と答える生徒が多い一方で、「数学の勉強が楽しい」と答えた割合は、小学校5年生より中学校2年生の方がかなり下がっている。このような状況にある中で、中学校の授業の楽しさについて考えていくことにする。

数学の授業における楽しさについて、本校で行ったアンケート調査では以下のような結果が出ている。

Q「数学の授業で『楽しい』と思うのはどのようなときか」

▽難しい(苦手な)問題が解けたとき(多数)▽1つの問題をいろいろな方法で考えたとき▽グループで話し合って考えているとき▽自分の考え方(解き方)がみんなに伝わったとき▽自分なりの(他の人と違う)解き方で解けたとき

このことから、難しい問題を解いたときの達成感に楽しさを感じる生徒が多いことが分かる。グループで話し合いをする中で、自分の意見を伝えたり、友達の意見を聞いたりする生徒間のコミュニケーションの中に楽しさを感じる生徒が多い。また、1つの課題をいろいろな方法で考えることに楽しさを感じる生徒も多くいることが分かった。数学の授業が楽しいと感じる生徒を一人でも多く増やすためには、生徒が目的意識をもって主体的に取り組む活動(数学的活動)をより多くの授業の中へ取り入れることが大切である。

数学的活動を通して、生徒が基礎的・基本的な知識や技能を活用する力を身に付けるためには、まず教師が活用型の学習(アクティブ・ラーニング)を意識化し、何について考えるのか、何を使って考えるのか、どのように考えるのかを生徒に考えさせることが大切である。

例えば、東京書籍の1年生の教科書で文字式の章扉に棒で正方形をつくる問題がある。

「正方形をχ個つくるのに必要な棒の本数をいろいろな考え方で求めよう」が利用のところでは、「正方形が立方体」に変わり、さらに「立方体を2段にしてみよう」へと発展している。この学習でポイントとなる点は、正方形のところで考え方の基礎を培い、その培った考え方をどう立方体に活用していくのかを考えさせることである。

教師が日頃の指導の中で繰り返し何について考え、基となる考え方は何か、それをどう活用するのかという指導を行っていれば、生徒の活用力は向上する。教師が身に付けた知識をただ漫然と教えるだけでなく、新たな課題と向き合うとき、すでに身に付けている知識や技能との違いは何か、それらをどう活用していくのか、比較したり、観察したりする目を教師自身が身に付けることが大切である。

関連記事