内田洋行【視聴覚教材特集】

pf20161003_03

内田洋行
学習年齢合わせたモジュール授業に対応
「小学校英語 SWITCH ON!」デジタル版

(株)内田洋行は、大阪府教育庁と(株)mpi松香フォニックスが共同で開発した小学校英語学習プログラムをベースに、内田洋行の教育用コンテンツ配信サービス「EduMall(エデュモール)」でも配信可能な「小学校英語 SWITCH ON!」デジタル版(以下、本教材)を開発し、電子黒板やタブレット端末などICTを利活用できる小学校英語教材として全国の小学校、教育委員会を対象に販売しております。

文部科学省 英語教育改革実施計画では2020年から小学校高学年で教科化される英語教育において、反復学習を中心とする10分〜15分程度の「モジュール授業」(短時間学習)を実施し、授業時間数を確保することがうたわれております。

本教材は、モジュール授業に対応し、児童の発達段階、学習年齢に応じてコミュニケーションに不可欠な4技能(聞く・話す・読む・書く)を、フォニックスを用いた指導法でバランスよく身につけられる6カ年の学習プログラムです。

学習の目標・ねらいに応じて6つのグレードに分かれており、1グレードあたり週3回、年間105回のモジュール授業を通して、児童は多くの「英語の音」にふれることが可能です。また、教師は、児童とのコミュニケーションを通して、学習の雰囲気を作るなど、ファシリテーターとしての役割を担いますが、本教材には、全授業の指導案の他、ワークシートやクイズ形式の理解度点検シートが付属しておりますので、安心してご利用いただけます。

【戻る】