【水産】愛知県立三谷水産高等学校

商品開発などで高い評価を得ている
商品開発などで高い評価を得ている

SPH事業でグローカルな人材を
イノべーションで地域社会に貢献

本校は水産に関する5分野(海洋漁業、海洋工学、情報通信、資源増殖、水産食品)を全て設置した、全国で唯一の水産高校である。

平成28年度から5年間、文部科学省からスーパープロフェッショナルハイスクール(SPH)の指定を受け、6次産業化の取組としての新商品開発や、マルチコプター(ドローン)や水中ロボットを利用した海洋調査、国際的な資源管理や持続可能な漁業生産を目指したクロアワビの陸上養殖プロジェクト、ニホンウナギの完全養殖化に向けた基礎研究など、イノベーションを実現しながら、地域社会をリードし、海洋立国日本の将来を支えるグローカルな人材の育成を目指している。

特に新商品開発の取り組みでは、水産食品科の生徒たちは、(株)平松食品と連携して、実習船「愛知丸」のカツオ一本釣り実習で、海洋科学科の生徒たちが漁獲するカツオの有効利用について研究を重ねてきた。その結果誕生した新感覚のジュレ状佃煮「愛知丸ごはん」は26年から3年連続でモンドセレクション金賞を受賞(高校生では初)するなど高い評価を受け、生徒にとって大きな自信につながった。

こうした取り組みがきっかけとなり、新たな企業との連携による、六次産業化の研究が進められた。今後もカガミガイの魚醤など、イノベーションによる新商品が誕生する予定である。また、協働開発に関係した生徒たちが当該企業へ就職しており、将来にわたり地域社会に貢献する人材となればと考えている。

情報通信科の生徒たちは、今年度実施された全日本学生室内飛行ロボットコンテストのマルチコプター部門に自作機で挑んで、大学生などを抑えて見事優勝した。

今後は、このコンテストの挑戦で培った技術を海洋調査に応用する予定である。

産業教育フェアでは、協働開発商品やマルチコプター、水中ロボットの展示など、SPH事業の研究内容を中心に先進的な取り組みを紹介している。

【戻る】

あなたへのお薦め

 
特集