【ロボット相撲】母校の名誉と「ものづくり」への情熱をかけ

pf20161031_14

11月27日
ものつくり大学(埼玉県行田市)で決戦

「第24回高校生ロボット相撲全国大会」(主催・公益社団法人全国工業高等学校長協会、後援・文部科学省、経済産業省、協賛・富士ソフト(株))が11月27日に、ものつくり大学(埼玉県行田市)で行われる。同大会は「第28回全国ロボット相撲大会」(大会委員長・野澤宏富士ソフト(株)会長)の「高校生の部」として行われるもので、工業高校に学ぶ生徒の「ものづくり」への情熱をかきたて、夢をはぐくむきっかけとして開催されている。全国工業高等学校長協会の会員校だけが出場できる。

ルールは、直径154センチの鋼板の土俵に2体のロボット力士を置き、「はっけよい、のこった」の掛け声で試合が始まる。スピードとパワー、戦術を駆使して激しくぶつかり合い、相手を土俵の外に押し出せば勝負が決まる。2本先勝で勝ち上がる。

対戦するロボット本体の規格は、幅と奥行きが20センチ以内、重量は3キロ以内で、高さ制限はない。ロボットには、本体にプログラムが内蔵されていて自動的に動く「自立型」と操作者が取組の場でコントローラーを使って操作する「ラジコン型」の2種類がある。

ロボットには、母校の思いが込められた「しこ名」がつけられている。

「高校生の部」への出場校は、全国9地区で行われる予選大会に「自立型」と「ラジコン型」各校各2台までを出場させることができる。今大会には83校、257台のロボットがエントリーし、頂上決戦となる高校生ロボット相撲全国大会には、各地区大会の上位入賞者が進出する。優勝者には文部科学大臣賞、技術的に優れているロボットには経済産業大臣賞が贈られる。また、全日本ロボット相撲大会には参加資格制限のない、「全日本の部」もあり、最近では、これに挑戦する高校生も増えてきており、実績も上げてきている。

詳細はURL=http://www.fsi.co.jp/sumo/index.html

あなたへのお薦め

 
特集