大学通信教育で教員免許状を取得! 体験談【大学通信教育課程特集】

玉川大学通信教育課程 小学校1種免許状取得 福山高志

厳しくも丁寧な指導で実践力も習得

研究職を目指して理系の大学で学んでいましたが、学童期の子どもたちと触れ合う活動に携わるうちに小学校教育に関心を持つようになりました。また、活動を続ける中で、理科に苦手意識を持つ子どもたちが多いことにも気づきました。

「理科の楽しさを伝えることで、理科を好きになってほしい」という思いも強くなり、小学校の教員になる道を選択。理系の大学を中退して、玉川大学に入学しました。玉川を選んだ理由は、厳しくも質の高い丁寧な指導と、教育現場での知名度の高さ。さらに、玉川の通信教育で科目等履修生として学んだ母から「いろいろな経歴を持った仲間と出会え、そのつながりを楽しみながら学べる」と教えてもらったことも決め手になりました。

玉川のカリキュラムの特徴は、実践的な授業が豊富なことです。

「幼児理解」では、幼児教育における発達段階に応じた指導の必要性を学習し、小学校教育でも学年に応じた指導が重要であることを再認識。子どもたちへの指導、教育に携わることについて確かな理論を習得しながら、現場での実践力も養えました。

加えて、同じ目標を持つ仲間との交流が活発なことも、玉川の魅力です。レポート課題や科目試験、教員採用試験などいろいろなテーマで定期的に勉強会を開催したり、近隣の学生同士で親睦会を開いたり。

学習中に壁にぶつかっても、助け合える仲間の存在が力になりました。教員となった今でも励まし合い、高め合える仲間として、絆はさらに深まっています。

現在は教師として、とにかく経験を積むのみ。玉川での経験や人とのつながりを大切にしながら、成長していきたいです。

(東京都江戸川区公立小学校勤務)

[ 玉川大学通信教育部/http://www.tamagawa.jp/correspondence/

聖徳大学社会福祉学科課程正科生 秋永美恵子

目標は自分らしい養護教諭

大学時代はスポーツ心理学を学んでいましたが、教職科目も受講するうちに教育に興味が湧き、長崎県の教員採用試験に合格。中学校で保健体育の教員として働き始めました。

3つの中学校を経験して、不登校の子や上手く人間関係を築けない子など、さまざまな子どもたちと出会いました。そんな中で、養護教諭という違うアプローチで、悩みを抱えた子どもたちをサポートしたいと思うようになりました。そのため、養護教諭の免許取得に向け、一旦教員を辞めました。

聖徳大学に決めたのは、学習環境が充実していると感じたからです。本当は、大学で毎週開催されている養護教諭採用試験対策講座にも通いたかったのですが、当時も長崎に住んでいたので、参加が困難でした。

そこで、スクーリングの際に講座担当の先生に相談したところ、「遠慮せずに言ってくれたら準備するから」と声を掛けていただきました。さまざまな都道府県の過去問や、講座で使用しているプリントをいただくなど、手厚くサポートしていただいたおかげで、目標の2年で養護教諭の採用試験に合格できました。

養護教諭として初めての職場が、現在の小学校です。教員として小学生と触れ合うのも初めてなので、子どもたちの発言や行動にたびたび驚きます。

しかし、「あのとき先生が言っていたのはこのことか」とスクーリングでのお話がとっさに結び付き、冷静に考えられた経験もありました。養護教諭としてのキャリアはまだスタートしたばかりですが、これまでの経験を生かしながら、聖徳大学で学んだ内容や、自分で調べていいなと思ったものを積極的に取り入れ、自分なりに工夫を重ねて、自分の養護教諭としてのスタイルを確立できればと思っています。

[ 聖徳大学通信教育部/http://www.seitoku.jp/tk/

明星大学通信教育部 中・高校教諭免許状(数学)取得 秋庭貴志

遠回りの経験を教育に生かす

元々、算数・数学が好きで、大学時代は塾講師のアルバイトをしていました。その際、手応えを感じましたが教職の道は考えていませんでした。

大学院を卒業し大手企業のIT部門に就職、2年が経つ頃、他の形で自分を生かすことができないかと思うようになりました。そのとき、塾講師で得た手応えや、「教えること」に向いているかもしれないとの気持ちがよみがえり、教員への夢が明確なものに変わりました。

平成25年3月には半ば勢いで会社を辞めてしまったのですが、両親は理解し応援してくれました。数学の免許状を2年間で取得できる明星大学に魅力を感じ、入学しました。

2年間で確実に免許状を取得するには、どのくらいのペースで学習したらよいか、職員の方に電話で確認しながら進めました。初年度は契約社員として働きながら学び、2年次は退路を断つつもりで仕事を辞め学習に専念。教員採用試験直前数カ月は1日10時間は勉強しました。その結果、2年で中学校教諭免許状(数学)・高等学校教諭免許状(数学)を取得、教員採用試験にも合格しました。

現在、神奈川県公立高校に赴任し2年目を迎えました。1年目は副担任で時間にゆとりがありましたが、今年から担任を任され仕事量が増えました。しかし、授業を大切にする教員でありたいとの思いから、授業の準備に割く時間の確保を心掛けています。また、勤務校が神奈川県のICT利活用授業研究推進校のため、授業でPCやタブレットを活用するとともに、常にアンテナを張って教材研究しています。

私は少し遠回りをして教職の道へ進みましたが、その時の経験が今の教育現場に生かされていると実感しています。いくつになっても遅いということはないはず、自信を持ってチャレンジしてください。

[ 明星大学通信教育部/http://www.meisei-u.ac.jp/dce/

[ 戻る ]