体育【副読本・補助教材特集】


「体育」の特色ある副読本・補助教材を紹介します。

東京書籍
体育_東京書籍学習指導要領準拠
ビジュアル
新しい体育実技
岡出美則 編著

本書は、生涯にわたって運動に親しむ資質や能力を育てるという視点に立って、運動の楽しさや喜びを味わい、運動に関する知識や技能を身に付け、主体的に運動の学習が進められるように編集しました。

《具体的な特色》

(1)写真点数3500点、圧倒的な迫力
ほとんどの種目で鮮明な連続写真を豊富に掲載し動きのポイントを分かりやすく提示しました。

(2)2ステップ構成
学習指導要領に合わせたステップ1(1学年〜2学年用)、ステップ2(3学年用)の2ステップ構成としました。ステップ1およびステップ2の内容は、学習指導要領解説書の内容に合わせて構成しております。

(3)練習の仕方を分かりやすく
随所に「課題ゲーム」(おもに球技)や「練習」を設け、どのようなゲームや練習をしたらよいのかが生徒に分りやすいように提示しました。

(4)「KEY POINT」や「戦術ポイント」でポイントを明確に
生徒がつまずきやすい技術や戦術のポイントを簡潔に分かりやすく解説しました。

(5)ルールや審判の仕方を詳しく提示
種目ごとにルールや審判の仕方を丁寧に詳しく紹介しました。

(6)巻頭の写真を一新
巻頭ではスポーツ界の新しい出来事を写真で取り上げています。

(7)教師用DVD—ROM(4枚セット)が付属
学習カード、図版集、動画集を収録したDVD—ROMが教師用として付属します。
動画集には、700点以上の動画データを収録。Windows対応のWMV版とiPadなどに対応するMP4版の2種類を提供いたします。スローの動画も収録していますので、実技指導に役立つこと間違いなしです。

データ提供種目〓体つくり運動、器械運動、陸上競技、バスケットボール、ハンドボール、サッカー、バレーボール、卓球、バドミントン、ソフトボール、柔道、剣道、ダンス、スキーの14種目。
図版集には、200点以上のイラストのほか、競技場・コートなどの図版も収録。

イラストデータ提供種目:器械運動、陸上競技、バスケットボール、サッカー、バレーボール、ソフトボール、柔道、剣道の8種目。

《判型・ページ数・定価》
B5判、オールカラー、336ページ。定価 本体752円(税別)。

大日本図書
体育1_大日本図書図説
新中学校体育実技

1年・2年は平成28年版新教科書に合わせ、全面改訂した新版となっています。

使いやすい見開きで、保健編・体育編・実技編の3部構成にしています。

保健編・体育編は学習に役立つ資料やトピックス、板書を書き写せるノート欄と『要点のまとめ』、『深めよう』を入れ、学習展開をしやすいようにしています。

実技編では豊富なイラストで生徒の主体的な学習にも活用できるようにしています。

B5判・各学年1冊/80ページ〜88ページ

体育2_大日本図書中学校
保健体育ノート

学習指導要領準拠の小学校体育実技準教科書。

各種目の運動の楽しさや喜びにふれ、特性に応じた動きや技を身に付けられるようにしています。運動の系統性を図り、教師や児童の吹き出しを使って、思考・判断を引き出すことができるようにしています。

B5判・各学年1冊・オールカラー/52ページ〜84ページ

体育3_大日本図書たのしい体育
監修
清水紀宏
森 勇示
吉野 聡
佐藤善人

学習指導要領準拠の中学校体育実技準教科書。

生徒一人ひとりが運動の楽しさを感じられるように『体育実技』をサポートし、先生には扱いやすいことを目指して、それぞれの運動特性に合った学習ができるようにしています。

体つくり運動を充実させ、各種目のページでも基礎的な身体能力づくりを豊富に例示しています。

球技領域ではゲームの面白さにふれ、技能の基本技能をわかりやすいイラストとポイント解説で説明しています。「知識、思考・判断」をしっかり学べるように、各種目それぞれの特性や成り立ち、関連した体力などをわかりやすく説明しています。

陸上競技や器械運動のような個人スポーツ種目では、一連の動きや技の発展を写真やイラストで紙面の上段にわかりやすく提示しています。

ダンスや武道の内容も充実させ、各競技・種目の最新のルールにも対応しています。

B5判・オールカラー/346ページ

学研教育みらい
体育_学研教育みらい学習指導要領準拠
中学体育実技
編著者代表 佐伯年詩雄

《編集方針》

●「わかる」「かかわる」「できる」「楽しむ」の要素が充実した、よい体育授業が実現する副読本です。

●確実な学習内容の習得を保証します。

●児童にも教師にも魅力的な教材・学習材を提供します。

《特色》

(1)大きくワイドなA4判の誌面で、図版や解説、運動のポイントなど、学習内容の詳しさ、分かりやすさがパワーアップ。

(2)指導計画が作成しやすい、運動領域別配列。

(3)学びやすい「基礎・基本から発展へ」の2段階学習の構成。

(4)「技能のポイント(できるポイント)」・「練習法」・「ミニゲーム」・「作戦」・「知識」の内容・学習内容がひと目で分かる「授業の全体図」・運動の基になる「易しい運動遊び」などを豊富に掲載。

(5)「技能」「態度」「思考・判断」の観点で、話し合いや言葉かけ、工夫のしかたなどを、児童の言葉で理解しやすく表現。

(6)児童が自分で考え、ポイントや学び方を見つけられるような「教師の発問」も、随所に掲載。

(7)授業中に児童に注意させたい「安全のポイント」を運動ごとに表示。

(8)3観点(技能、態度、思考・判断)での自己評価ができる項目を掲載。

(9)「体つくり運動」領域では、楽しく動きの習得ができるように工夫した学習材をさまざまに掲載、また「ゲーム・ボール運動」では、ミニゲームや《ボールをもたない動き》を示すなど、学習指導要領で重視される内容を充実させました。

(10)学習成果、授業の勢い、授業の雰囲気を大切にした《よい体育授業》を実現します。

みんなの体育
編集代表
高橋健夫 尾縣貢 岡出美則
白旗和也 友添秀則 本村清人

《編集方針》

いろいろなスポーツに親しみ、自分に合ったスポーツの楽しみ方を身に付け、生涯にわたって豊かにスポーツに親しむ力を育む。

《特色》

(1)口絵は「写真で学ぶ体育理論」がテーマ。豊富な写真をヒントに、体育理論の各学年の内容が学習できます。2016オリンピック・リオデジャネイロ大会の写真も掲載しました。

(2)オリンピック・パラリンピックのページが充実。4人のオリンピアン、パラリンピアンからの中学生へのメッセージも掲載しました(室伏広治さん、佐藤真海さん、澤穂希さん、浦田理恵さん)。

(3)各種目に関連する障害者スポーツを写真で紹介。「多様性を尊重する態度」を育てます。

(4)正確なイラストと写真で、技術・戦術のポイントをさらにわかりやすく丁寧に図解しました。

(5)「気づき&アドバイス」と「学びのまとめ」の記入欄を新設。「主体的・協働的な学習」を引き出し、言語活動の充実にも役立ちます。

(6)練習方法やミニゲームを豊富に掲載。「課題解決学習」「協働的な学習」に役立ちます。

(7)欄外に「オリンピック・パラリンピッククイズ」を新設。興味・関心が高まります。

●指導用「まとめの問題CD—ROM」が付きます(保健編・体育編・体育実技のまとめの問題)。問題用イラスト付き。

「中学体育実技デジタル版」のサンプル版(バスケットボール)も収録。

光文書院
体育_光文書院体育の学習
細江文利 池田延行
村田芳子
編著

【平成29年度版の特色】

●デジタル教材『デジタル体育』を無料提供

副読本『体育の学習』児童書+指導書のご採択付録として、デジタル教材『デジタル体育』(DVD版/アプリ版)をご提供します。

DVD版には、器械、陸上、ゲーム・ボール運動の動画集「つまずき解決法」、連続写真が印刷できる「掲示用写真素材集」、編集や印刷が可能な「教師用指導資料集」が収録されます。タブレット端末(iOS9、10/Win8・1、10)対応のアプリ版では、「つまずき解決法」に加え、動画撮影・保存機能が搭載されます。

【編集のポイント(1)】

●「運動の楽しさ」と「技能の習得」の両立を

運動の特性から導き出される「運動の楽しさ」にふれることをこれまでどおり大切にしながら、それぞれの運動がもつ技能を、より具体的な運動の魅力=「運動のおもしろさ」として、子どもの視点から提示しています。この魅力を味わうなかで、子どもの側から積極的に技能習得に目を向けるようになり、子どもたちが技能を主体的な学習内容として位置づけて取り組めるようにしました。

【編集のポイント(2)】

●学習過程「やってみる・ひろげる・ふかめる」

「やってみる」(習得)では、初めに運動の魅力に迫りやすい、やさしく工夫した運動内容を提示します。児童が、その運動のおもしろさを学習課題として明確におさえることができるので、結果的には基本技能をここで身につけることになります。

「ひろげる」(活用)では、身につけた基本技能をもとにルールや学習のしかたを工夫したりして、個人技能から集団技能へ、基本技から進んだ技へなどと広げていきます。

「ふかめる」(探究)では、相手や自分の能力に応じた戦術や練習の工夫などをとおして、さらに学習を深めていきます。

【教師用指導資料】

『デジタル体育』(DVD—ROM/iOS7〜9、Win8・1対応ストアアプリ)、『体育科の年間指導計画例』(B5判学年別)、情報誌『こどもと体育』(年3回発行)

【判型・ページ数・定価】

○B5判(児童書・指導書共)

○児童書1・2年…各56ページ。3・4年…各64ページ。5・6年…各88ページ(オールカラー)

○指導書・各学年…児童書+136ページ。

○定価・児童書各学年共470円、指導書各学年共2300円(いずれも税込)

文溪堂
体育_文溪堂たのしいたいいく
監修
元福岡大学教授 佐藤良男
元秋田大学教授 林 恒明

【採択校の声】

「自分が苦手な運動も自信をもって指導できる」「動画で流れてしまう動きのコツがよくわかる」「児童が自分の成長を確かめられる工夫が良い」「2学年合本で、見通しをもった指導ができる」

【コンセプト】

全ての児童が輝く体育授業の実現。学習指導要領に完全準拠し、人生を支える豊かなスポーツライフの基礎をつくります。

【特長】

■低・中・高の3分冊■

一人ひとりの児童の良さを引き出して、弾力的な体育授業を実現。「学習指導要領 解説」例示の運動を全て掲載しています。

■わかる・できる・すきになる■

パッと見れば、学習の進め方や動きのコツが直感的に分かります。分かるから、やってみたくなり、できるから、もっと好きになる。体育授業に好循環を創出します。

■ワイド判・オールカラー■

通常より横長の判型で、ページを開いて床置きしても閉じにくく、学習の流れを妨げません。

【児童書の構成と特長】

学習のめあてや進め方を示すだけでなく、児童自身が学習の様子を記入できます。児童が自然と主体的に学びだすインタラクティブな副読本です。

■オリエンテーション■

各領域の冒頭に、学習のねらい、安全・マナー、学習の進め方、1時間の流れをまとめて掲載。

■学習活動と振り返り■

各単元の末尾に配置。学習計画を立てる、自己評価を行うなど、児童の主体的な学びを支援。

○マンガ 練習の仕方や作戦の例、教え合いの場面などをマンガで提示。

○自己評価 観点別の自己評価ができます。また、付録CD—ROMに収録された同内容の学習カードを利用すれば、書き込み欄は無限に増やせます。

■指導計画が立てやすく、学習しやすい内容構成■

○領域別編成 さらに、各運動を系統性や発展性に応じて配列しています。

○分かりやすいイラストと連続写真 やさしい運動の例や工夫の仕方、作戦の例なども多彩に収録。

○思考力・判断力を育む。キャラクターによる問いかけで、スモールステップから単元全体に渡り、児童が思考力・判断力を働かせて活動できます。

【教師用指導書の特長】

○3冊で6年間の指導内容をフォロー。2学年ごとの編成なので見通しをもって指導できます。

○研究編・指導編・資料編の3部構成。

■指導資料集CD—ROM■

年間指導計画例、単元計画例、学習カード、新体力テスト集計ソフトなど、よい授業に必須のツールを収録。学校の実態に応じてご活用いただけます。

廣済堂あかつき
体育_廣済堂あかつき図解中学体育
監修:本村清人

学習指導要領改訂へ向けて

改訂学習指導要領の骨格が明らかになり、教育界ではその話題で持ちきりのようです。学習の本質は、その根本から大きく見直され、「アクティブ・ラーニング」の導入、能動的な学習への転換をどのように図るかということが議論されています。学校体育教育においてはグループ活動などの共同的な学習や、自らの課題発見とその解決を目指すという学習のプロセスもかなり以前から実践されてきました。すでに新しい時代の学習の意義を踏まえた実践が、学校体育の現場で広く行われてきたと言えるでしょう。

主体的な学習の支援

『図解中学体育』は一貫して「課題の発見と解決」という主体的学習を支えるという意図をもって編集されてきました。学習者が自己の課題を明確に捉えるためには、発達の段階に応じた学習内容や達成すべき目標がはっきりと示される必要があります。これに対応したのが「図解中学体育」の3つのステージによる構成です。

第1学年では、まず中学校入学時のスタートラインを指導者・学習者がともに確認する必要があります。そのため『図解中学体育』では1つ目のステージである「プレステージ」を設け、小学校の教育課程で身につけるべき技能や知識を簡潔にまとめています。2つ目のステージ「ステージ1.」においては、中学校1・2年生で学ぶべき内容を巨細にわたって、かつ分かりやすく示しています。第3学年における学習は最後のステージ「ステージ2.」として示し、高等学校3年間と合わせての4年の第一段階という点を考慮して、より高次な学習への発展が可能となるよう構成されています。

4—4—4の発達段階に応じた学習は、やはり学校種を超えた継続が難点ですが、『図解中学体育』の3ステージ構成はスムーズな学習の継続を助けるものです。加えて各段階における詳細な記述と図解によって、学習者が各自どのレベルに達しているのかを確認し、主体的に課題の発見・解決を目指す学習を助けます。

新しい時代の学校体育へ

冒頭で述べた通り、すでに学校体育の現場では主体的・共同的な学びの活動は広く実践されてきました。『図解中学体育』は、そういった実践を積み上げてこられた先生方の声をもとに編集してまいりました。今後も生徒の「主体的・対話的で深い学び」をサポートする副読本として、ご活用いただけると幸いです。引き続きのご愛顧をお願い申し上げます。