スマートスクール・プラットフォーム 総務、文科両省で実証事業

校務系と授業系を連携

教職員が使用する「校務系システム」と、児童や生徒も利用する「授業・学習系システム」の、安全で効果的な情報連携方法などを実証する「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」に総務、文科の両省が連携して取り組む。平成29年度予算案では、2億2400万円を新規に計上。データの利活用による教育の高度化、学校経営の効率化などを推進する。

pf20170227_02

現在、校務系システムと授業・学習系システムは、セキュリティ確保などの理由から連携していない。そのため、エビデンスに基づいた教育・経営が進めにくくなっている。また紙での出力や手入力、USBでの受け渡しなどといった非効率的な業務や、それらの紛失といった個人情報流出事故も発生している。

同事業では、両システムの安全で効果的、効率的な情報連携を図る。「スマートスクール・プラットフォーム」として標準化し、全国の学校に普及させるとともに、その円滑な運用基盤となる次世代ネットワーク環境についてガイドラインを策定する。

目標・成果には、▽個々の子供に応じた指導、エビデンスに基づいた学級・学校経営の充実▽教職員の業務効率化、テレワークを含む働き方改革が図られ、教育の質向上、家庭・地域との連携が進展する▽学校現場が異なる事業者のシステムを自由に組み合わせるのが可能となり、事業者間の競争によるサービス向上・コスト低減が促進されるなどを挙げている。

来年度予算案で総務省は他にも「若年層に対するプログラミング教育の普及推進事業」を、前年度から約1.5倍増額し、1億5千万円を計上した。同事業では、障害児や顕著な才能を示す子供に対応する教材を含む多種多様な教材などの開発や、教材、指導者、ノウハウなどの情報を共有・活用可能とするポータルサイトの構築などを推進する。

[ 戻る ]