とちぎから未来へ翔く技と夢 技能五輪・アビリンピック2017を開催

第37回全国アビリンピックが11月17日から19日に、第55回技能五輪全国大会が11月24日から27日にそれぞれ栃木県で開催される。

全国アビリンピックは、全国障害者技能競技大会のことで、アビリティ(能力)とオリンピックを合わせた造語。障害のある人が就職して自立するという考え方を広めるとともに、雇い主や社会全体に理解してもらうことを目的に開催される。大会は3日間(うち競技は1日)で行われ、競技に参加できるのは満15歳以上の人。競技種目は機械・金属系、建設・工芸系、電子技術系、情報技術系、サービス・ファッション系から22種目。

技能五輪全国大会は青年技能者レベル日本一を競う大会で、将来の日本を支える技能者を育てることや「ものづくり」の大切さを知ってもらうことを目的に開催される。大会は4日間(うち競技は2日)で行われ、競技に参加できるのは大会の開催の年に23歳以下の人(一部職種を除く)。競技種目は機械系、金属系、電子技術系、建設・建築系、サービス・ファッション系、情報通信系から42種目。

詳細は大会運営サイト

【トップページへ戻る】