武道【教材整備特集】


武道の学習ツールを紹介します。

9面_東映教育映像部_武道

東映教育映像部
安全に楽しく学ぼう 保健体育柔道(生徒向け)
安全な柔道の授業づくり(教員向け)
受け身を中心に基本を紹介

「安全に楽しく学ぼう 保健体育 柔道」(監修/渡辺冬花千葉大学教育学部附属中学校教諭、公益財団法人全日本柔道連盟 指導者養成プロジェクト特別委員会 武道必修化対策チーム委員、企画・制作/東映(株)教育映像部・DVD29分)は、中学生を対象に、生徒が安全に練習に取り組めるように、受け身のとり方を中心に、柔道の基本を紹介。

最初は単独での受け身(後ろ受け身・横受け身)から始め、最終的には投げ技とからめ、自由な動きの中で受け身がとれることを目標としている。

「受け身」に関しては、「頭部、頸部を守ることが大切」とし、「頭を打たない・打たせない」ための「受け身」の練習について、「低い姿勢」から「高い姿勢」へと段階を追って学習できる。

「技」に関しては、「取」に指導する投げ技として「膝車」と「体落とし」および「大外刈り」について紹介。安全面を重視し、「受」が大きく宙を舞うような競技用の技は指導せず、「投げ技と関連させた受け身」を生徒に身に付けさせる。自由な動きの中で、安全に「受け身」がとれ、生徒に柔道の攻防の楽しさを伝えることを目指している。

「固め技」に関しては、抑え技のみを紹介。抑え技の中でも「けさ固め」を取り上げ、抑え込みの条件や抑え技の応じ方について、安全面に留意しながら解説している。

また、本作品の教員向けとして「安全な柔道の授業づくり 中学校保健体育科教員向け」(監修、企画・制作は上記作品と同じ。医事監修/野地雅人神奈川県立足柄上病院脳神経外科部長・DVD40分・「指導の手引書」付き)も発売されている。この作品は、柔道で起こり得る事故や、その対策を解説した上で、受け身や技の指導方法について、分かりやすく学んでいただける内容となっている。

中学校 保健体育科[体育分野]F 武道

URL=http://www.toei.co.jp/edu/