船員育成の支援策などを展開 (公財)海技教育財団

(公財)海技教育財団(会長・朝倉次郎川崎汽船(株)取締役会長)は、海技教育機関が優秀な船員を育成するために必要な支援、これらの機関への学生・生徒に対する奨学金制度、海や船舶への関心を高めてもらうため生徒・学生を対象とした「海洋教室」などを実施している。

〇奨学金制度

同財団による奨学金は、船員を志望する学生・生徒2万7千人以上に利用され、東京海洋大、神戸大の商船系学部および商船系高等専門学校の学生と(独)海技教育機構傘下校(海技大学校、海上技術短期大学校、海上技術学校)の学生・生徒に貸与している。同財団の奨学金は無利子であり、卒業後の返還金を新たな奨学金として運用して事業の継続を図っている。

2013年度からは、内航船員を志望する生徒・学生向けの貸与枠を内航船業界などの拠出金を基に創設。春・秋季の2回、船員を志す生徒・学生の利用を広げている。

〇海技教育で啓発DVD

海技教育実施校への支援としてソフトの提供を実施。2015年度には、(独)海技教育機構傘下の海上技術短期大学校および海上技術学校での座学・実技の教育内容や施設、練習船での実習シーンを紹介したDVD『青春 Full Ahead  船の学校で夢をつかもう!』(改訂版)を作製。4代目「大成丸」での教育訓練映像を盛り込み教育訓練内容の紹介とこれらの学校への進学に対する関心喚起、募集活動の向上を図った。

昨年度は外航海運に関心を持ち、外航海運の船員を目指す優秀な若者の増加を目指し、主に中学生向けに外航日本人船員を目指す若者を教育訓練する映像を収録した「商船系高等専門学校紹介」PR用DVDを作製、本年度はこのDVDを各高等専門学校、各種団体に配布し中学校訪問やオープンキャンパスなど募集活動に活用する予定。

〇小学生に貴重な体験

帆船「海王丸」を利用した海事思想の普及事業では、小学校4年生以上を対象に「海洋教室」を年3回実施。今年度は7月15日(神戸市)、10月21日(福岡市)、11月4日(神戸市)にて予定。内容は、停泊中の船舶で▽船内見学▽ロープの結び方▽船内諸作業など。同財団サイト(http://www.macf.jp/)内から申込用紙などがダウンロードできる。

船や船員などへの関心ための社会人向け国内体験航海(年6回予定)およびその体験者を対象とする遠洋体験航海を(年1回、今年度はハワイ・カフルイ)で実施した。

同財団が所有する帆船「海王丸」と「日本丸」が練習航海などで寄港した港では、その帆船がデザインされたグッズも販売され、練習帆船による教育実習活動の知名度とそのイメージのアップを図っている。


【海洋教育特集】トップページへ戻る