JICA海外協力隊経験をもつ教員への期待

 (独)国際協力機構(JICA)と全国OV教員・教育研究会はこのほど、「途上国経験をSDGs時代の日本の教育に生かす」をテーマに、第2回全国OV教員・教育研究シンポジウムをJICA関西(兵庫県神戸市)で開催した。OV教員(JICA海外協力隊経験をもつ教員)と2019年度ボランティアとして派遣予定の教員(現職教員特別参加制度2018年度合格者等)らが参加し、JICA海外協力隊経験を日本の教育の中で生かすための実践的な情報の共有と交流がなされた。JICA海外協力隊経験で得られる「人間的な成長と豊かな経験」が次期学習指導要領の考え方や内容と共通点が多く親和性があることに着目し、教育現場におけるJICA海外協力隊経験を持つ教員への今後の期待と役割に関し取材をした。

 今回のテーマについて佐藤真久東京都市大学環境学部教授が講演を行い、その中で佐藤教授は「情報化やグローバル化といった社会的変化が加速する中、次期学習指導要領では『主体的・対話的で深い学び』『広い視野で自ら課題を見つけ解決する能力の育成』などを重視している。それらを実現するには世界(グローバル)と地域(ローカル)の視点でさまざまな問題を関連づけて考えることのできる『グローカル教員』による質の高い教育を行うことが期待されている。その役割を期待されているのがJICA海外協力隊経験をもつ教員」と述べ、その理由について「教員としての資質・能力を高めてきているだけでなく、途上国経験を教育現場で生かす上で重要な『人間的な成長と豊かな経験』を獲得してきている」と指摘した。

 佐藤教授はJICA海外協力隊経験によって身につく「人間的な成長と豊かな経験」について具体的な12のキーワード(図)で提示し「これらは、途上国経験の中で段階的に身につくもので、途上国経験を教育現場で生かしていくには、今できること(派遣前)、行ってできること(派遣中)、帰ってできること(派遣後)を常に時間軸の中で自分が『何ができるか』を考えることが重要」と述べた。……