【全国OV教員・教育研究会について】

JICA海外協力隊として途上国での活動経験をもつ教員を中心に、その経験を教育現場に生かすことを目的として組織した研究団体。「協力隊を日本の文化にする」をスローガンに、①現職OV教員の組織ネットワーク作り②互いの教育実践の交流と共有、さらなる進化③派遣中の現職参加教員の支援④教員を目指す帰国隊員の支援⑤隊員等を目指す現職教員の支援――などの活動を通し、開発教育・国際教育・人権教育の充実発展や、多文化共生、国際連帯の視点を学校現場に広げようと活動している。

06年にスタートした「兵庫OV研究会」を皮切りに取り組みは広がり、17年に全国組織のJICA認定OB会となった。こうした組織が結成される以前のOV教員は熱い心で実践しつつも、個人的に取り組んでいるという状況であった。同じ経験・思いを持つ教員の横のつながりをつくり、自分たちの途上国での経験をより有意義な教育活動に変容させ、これから世界に飛び出そうとしている人を支援するためにこの会が設立された。

現在、メーリングリストにはJICA海外協力隊に現職参加した方を中心に、派遣中、派遣予定の方含め300人程が参加。情報の発信だけではなく、悩みを打ち明けられる場、先輩隊員たちからアドバイスをもらえる場として国内外で活用されている。


途上国での経験を日本の教育に  求められるグローカル教員 トップページに戻る