新学習指導要領実施に向け 教師に求められる教育の情報化への対応とICT活用

東京学芸大学教育実践研究支援センター准教授 加藤 直樹

新しい小学校の学習指導要領の全面実施までいよいよあと1年となりました。新しい学習指導要領にはさまざまな観点から注目されている特徴があります。その中の一つに、生涯にわたる学習と生活の基盤となる資質・能力として情報活用能力が記載されたことがあります。この情報活用能力の育成(情報教育)のために必要な環境を整え、適切に活用した学習活動の充実も記載されました。

言語能力に並んで情報活用能力の育成と、地域格差が問題となっている情報通信技術(ICT)活用環境の整備が、法的拘束力があるとされている学習指導要領に記載されたことは大きな話題となりました。情報活用能力の育成はこれまでも推進されてきましたが、今回は特に科学的な理解に裏打ちされた情報活用能力の育成が重要とされています。

これは情報およびICTを適切かつ効果的に活用して問題を発見・解決する力である情報活用能力の育成で、情報を科学的な面から扱うことやICTの活用が軽視されてきたことへの反省に基づいています。高校普通教科情報の再編や小学校教育課程へのプログラミング教育の導入がそれを具体化したものとなっています。これからの情報教育では、コンピュータなどのICTがあることを前提とした力を育む意識を持つことがとても大切です。

情報教育に加え教科教育におけるICT活用も教育の情報化の一要素です。授業の中や準備においてICTを活用によって、教科教育を効果的・効率的にしようというものです。大型提示装置に詳細鮮明な情報を提示し、そこへ書き込みながら説明することは、多くの場面で有効であると言われています。これは教師によるICT活用の例で、児童生徒によるICT活用もあります。情報の取得や閲覧、思考やその外化のために児童生徒がICTを活用するものです。

この春からは紙の教科書に代えてデジタル教科書を児童生徒が利用できるようになりました。これまでの実証研究からデジタル教科書を使うことのさまざまな利点が明らかになっており、教科等の学びの中での児童生徒によるICT活用がますます重要になってくるはずです。

情報活用能力を育む基本的かつ効果的な方法は、児童生徒に日常的にICTを活用させることです。たまにコンピュータ教室で何かする、そのような形ではなかなか情報活用能力を育めません。情報活用能力が育っていない状態では教科教育の中で活用しようとしてもうまくいきません。日常の授業の中で活用し、情報活用能力を育みながら、教科の学びを強化する、このような取り組みをし続けることが大切です。

そして、児童生徒がコンピュータを常に活用できるようにすることで、児童生徒が一人で、もしくは数人で話しながら考える学びでのICT活用が効果的になります。自分の考えを可視化し、それをもとに他の人に説明したり、自分の思考を客観視したりすることでさらに思考を促す。新しい学習指導要領で求められている主体的・対話的で深い学びの基礎ともなる一連の活動が、情報を可視化する強力な道具であるコンピュータの活用でさらに活性化できます。

教師にとって大事なのは、児童生徒に、考え、伝え、振り返る時間を十分に提供することです。もちろん、基本的な知識を効果的に理解させるためにICTを活用するには、ICT機器・デジタル教材の特性や子供の認知特性などの理解、ICT機器をスムーズに使いこなす技能が必要です。それに加えて、新しい学びの形に対応した授業作りの力も教育の情報化には不可欠です。また、AI・IoT等の高度ICTへの対応も少なからず必要でしょう。

これまでは教師の経験と勘でつかんでいた児童生徒の外面的内面的な様子が客観的なデータとして、また膨大な児童生徒の学習履歴データが手に入り、これらのデータをAIが分析しさまざまな情報を提供してくれるようになると言われています。この情報を指導や学びに生かす、場合によっては必要な情報を考え、それを得るためにデータ分析を制御する、これからの教師にはそのような力も必要になってくると思います。

ICTの活用が当然の社会になってきました。授業以外の業務でもICTを活用するのとしないのでは質や効率が変わります。一方で、SNSのコミュニティで情報収集をすると考え方の似た人の意見しか手に入らないなど、ICT社会の特性を理解して活用していくことも重要です。先生方には児童生徒とともに教育の高度情報化に対応してほしいと思います。


【戻る】