小学校教科書特集 英語

令和25年度使用小学校教科書を教科書発行者の協力のもと紹介する。

東京書籍

『NEW HORIZON Elementary』(アレン玉井光江ほか)

「みんなが英語を好きになる!」をコンセプトに編集しました。公教育で英語を学ぶさまざまな学習環境の全ての児童たちが、楽しい学びの機会を等しく得られるようにと願ってやみません。

2年間で22種類のゴールの姿を、クラスのみんなで目指して、英語を使った活動をします。Our Goalと目指す姿が一致しているので、評価がしやすい構成です。2年間通しの、シンガポールから来た転校生エミリー・スミスの物語で、中学年『Let’s Try!』の学習をふり返りながら、中学校への接続がしやすくなるように高学年の学習要素を整理しています。

自分から発して、地域、日本、世界を考え、6年の最後に再び自分を見つめるテーマ構成は、単元のまとまりを意識しました。SDGsや消費者教育を考えるテーマも設定。

小学校の学びをコンパクトにまとめたPicture Dictionaryと約200カ所のQRコードが特長です。

指導書はALTとのTT指導案や複式学級用、短時間用などバリエーション豊富に用意します。指導書同梱のデジタルブックは『We Can!』と操作感が近いです。4線入力システムもご活用ください。

開隆堂出版

『Junior Sunshine 5・6』(監修 鈴木浩之・高野敬三/著者代表 萬谷隆一)

「意味のあるコミュニケーション」を通じて学ぶことを大切にし、次のように編集されている。

①くり返しの学習で、知識及び技能を確かな学力に

1年間の学習が見通せるようCAN-DOマップを配置。単元を越えたスパイラルな構成で英語力の確実な定着をはかっている。身に付けた知識や技能はProjectで活用できる。

②対話と協働を重ねて、知識及び技能を思考力・判断力・表現力へとつなげる

ペア/グループワークを中心にコミュニケーションしている実感を与え、「聞く・話す」力を伸ばす。児童どうしを知る活動が豊富なため、学級経営にも役立つ。「読む・書く」力は丁寧に基礎から体系的に養う。

③主体的な学習を生み出す、身近な場面設定

児童の生活に密着し、やり取りをしたくなるような内容で活動が配列されている。児童の興味や関心、生活経験に沿った学習を展開できる。

短時間学習や他教科と連携した学習もできる教科書構成。中学への橋渡しも意識している。効果的に総合的な学力を高めることに貢献する教科書とした。

学校図書

『JUNIOR TOTAL ENGLISH』
《編集の基本方針》

①音声インプットの繰り返しの中から子どもの気付きを促し、気付きから英語を理解しようとする力を育てる。

②身近なテーマを通し相手や場面を意識しながらコミュニケーションとして英語を使う力を育てる。

③英語や文化に興味関心を持ち、英語を使って自分の世界を広げようとする姿勢を育てる。

《編集の特色》

○レッスンの各セクションに目標表現を設定。繰り返しインプットができる構成とし、表現の定着を目指した。

○音声を聞く→聞いて繰り返し言う→やりとりをする→読む・書く、という一定のステップによって、無理なく学習できるように配慮した。また、短時間学習にも対応可能な組立てにした。

○各レッスンにテーマに沿った目標を明示し、レッスン末に振り返りの欄を設けて、子どもの主体的な学びを促すようにした。

○年2回、発表を中心とした活動を設け、学びを深められるようにした。

○教科を横断した内容や異文化理解を深める内容も掲載し、英語を通して世界を広げることができるようにした。

○QRコードを掲載し、目標文等を何度でも自分のペースで聞くことができるようにした。

三省堂

『CROWN Jr.』(酒井英樹ほか)

▽学びに向かう力を育てる…目標・見通し・ふりかえりの学びのプロセスを大切にし、HOP~STEP~JUMPの構成としました。HOPで学習の見通しを立て、STEPで「聞く」「話す」活動を中心に単語や表現を使いながら身につけていきます。実際のコミュニケーションの場面であるJUMPでは、主体的・対話的・協働的に学び合います。

▽ことばを使う力を育てる…STEPは、気付きを促すインプットを浴び、少しずつ自己表現する流れとしました。児童が共感し気持ちを乗せられる話題を選定、そのことを言う必然性を大切にしました。また、既習表現を繰り返し用い、スパイラルに力が育成されることを目指しました。

▽考える力を育てる…だれにどんなことを伝えたいかを考え、目的や場面、状況に応じてコミュニケーションできる力の育成を目指しました。

▽他とかかわろうとする心を育てる…児童の世界を広げる題材を精選し、外の世界とのつながりを意識した活動を通して、人や文化など他とかかわろうとする心を育むことを目指しました。英語を学ぶことで広く世界に扉が開かれることへの気付きを重視しました。

教育出版

『ONE WORLD Smiles』(小学英語)(金森強・本多敏幸ほか)
《編集方針》

主体的な学びを促し、気づきと関わり合いを大切に、言葉の力を育む

人と人をつなぐコミュニケーションのツールとして、気づきと関わり合いを大切にした言葉の学習を意図しました。

《編集上の特色》
◆学習の見通しをもって学ぶ

単元の最初に目標を明示し、学習の見通しをもって学べるようにしました。単元末には振り返り表を設置し、教師と児童が、目ざす姿を共有しながら学習に取り組めます。

◆無理なく5領域の力を育む

動画を活用した「聞く活動」から始めて、読むこと、書くことまで、5つの領域をバランスよく扱いつつ、目標となる表現や語彙の定着を図れるように構成しています。

◆音声と文字の丁寧な指導ができる

アルファベットの文字の「名称」と「音」の指導を無理なく少しずつできるコーナーを設けています。

◆楽しく学べる活動としかけ

子供が自ら取り組みたいと思えるよう活動を工夫するとともに、少しずつ自己表現ができるワークシートも巻末に収録。

光村図書出版

『英語』
《編集の基本方針》

グローバル化が進展する世界の中で子供たちがたくましく生き抜く力を育てたいという願いのもと、「豊かな心」「言葉を使う力」「学びたい意欲」を育むために、3つの方針で編集した。

《特色》
①わかりやすくて、使いやすい

各単元のはじめにゴールが示されており、学習の目標や見通しが最初にわかり、授業の流れが見える。見開き構成で統一しており、子供たちにも先生方にもわかりやすい構成を追求した。

②楽しくて、もっと英語が好きになる

英語の世界に引き込む「アニメーション」、口ずさみたくなる「チャンツ・歌」、他教科の学びを生かして知的好奇心を喚起する教材など、学習意欲を高めるための工夫を全面的に加えており、二次元コードからアクセス可能。教科になっても「英語は楽しい!」という言葉が子供たちからあふれ出すことを目指している。

③世界を視野に、心を豊かにする

世界各地の12カ国の小学生に実際に取材した教科書連動コンテンツを用意。動画や音声による世界の子供たちの生の声に触れることで、世界の多様性に気づき、見方・考え方を広げることができる。

啓林館

『Blue Sky elementary』(影浦攻ほか)
【編集の基本方針】

①児童が主体的・対話的に学べる。②先生が教えやすく、児童とともに学べる。③保護者が子どもの学習に寄り添える。

【教科書の特色】

●主体的・対話的な学習―①目標の明示と目標に沿った振り返りで、児童が見通しをもって学習できる。②推測しながら聞いたり、目的に沿った内容を考え、話す活動で思考力・判断力を養える。③多くの対話活動を通して、英語の理解に加え、コミュニケーション力を養える。

●基礎・基本の定着―短期間でのインプット~アウトプットをくり返し、基礎的な知識・技能が身につく。

●特別支援教育への配慮―読む・書く活動に適したUDフォントを使用。色覚特性をもつ児童にも情報が伝わる配色を意識。

●指導者への配慮―紙面上に指導すべき語彙や表現を明示。指導内容や授業の流れが見える構成。

●保護者に向けて―①紙面から子どもが何を学習しているかがわかる。②書き込み欄を多く設けたことで子どもの学習の軌跡が見える。

●QRコード―主に家庭学習用。語句の読み方、アルファベットの読み書きの仕方が視聴できる。