世界を変えた60人の偉人たち 新しい時代を拓いたテクノロジー

人々の「より早く、より遠く、より大きく、より多く」というさまざまな夢や希望を実現してきたテクノロジー(科学技術)。新しいテクノロジーは人々の生活を大きく変革し、新しい時代を拓いてきた。

東京電機大学編、東京電機大学出版局 2000円+税

全10章は、時代に沿ってまとめられ、その社会を大きく変えてきたテクノロジーの歩みと、それが社会に及ぼした影響、科学技術者の想いやメッセージを紹介。歴史とともにテクノロジーの発展の過程を学べる内容となっている。

古代文明のピタゴラス、ルネサンス期のレオナルド・ダ・ヴィンチやガリレオ・ガリレイ、産業革命期のトーマス・アルバ・エジソンやライト兄弟、そして近年のスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツ、さらに日本のものづくりでは、松下幸之助や本田宗一郎など、世界の偉人たち60人をピックアップ。彼らの功績だけでなく、格言やスピリッツ、エピソードなどの雑学ネタも豊富なため、気軽に読み進められる。社会を拓くほどのテクノロジーを生み出した先人たちのスピリッツや思いは、私たちに大切なものや貴重な真実を伝えてくれるだろう。

科学者の伝記や科学史の本が数多くある一方、テクノロジーが社会に与えた影響まで紹介する本は非常に少ない。本書は、理工系の大学生はもちろん、テクノロジーに携わりたいと考えている中学生や高校生など、新しい時代を創造する「未来の科学技術者」にお薦めしたい1冊となっている。

【トップに戻る】