中学校教科書特集 音楽

令和3年度~令和6年度使用中学校教科書を教科書発行者の協力のもと紹介する。

教育出版


『中学音楽 音楽のおくりもの』(新実徳英ほか)
《学びを支えるカリキュラム「学びのユニット」》

生徒の興味関心を高め、主体的・協働的に学べるよう教材配列を工夫、学習内容の関連を図った。それを「学びのユニット」として端的に表し、「学びのねらい」「主要教材」「学習を生かして比べる曲」を軸に、「学びを深めるための曲や活動」「学びの手がかりとなるヒント」を併せて示している。

《学習の見通し》

主体的・対話的で深い学びの実現に向け、自分の考えをまとめ、話し合い、協働的に活動が展開できる構成となっている。

《音楽文化の理解》

伝統音楽を味わい愛着をもてるよう、鑑賞と表現の活動を関連づけた他、音楽文化の共通性と固有性を考えるページを各学年に設置した。

《音楽を愛好する心情》

歌唱共通教材ゆかりの地を美しいビジュアルで表した他、資料をワイドに示すなど、学ぶ楽しさを広げる工夫をしている。

《安心して学ぶために》

特別支援の観点で紙面構成を熟慮し、ユニバーサルデザインの取り組みを重視した。SDGs〈持続可能な開発目標〉と関連のある教材も配置。学習に役立つ情報を集めたウェブサイトを活用できる。

教育芸術社


『中学生の音楽』(小原光一ほか)
《編集上の特徴》
①三つの資質・能力と各教材との関連を図示

音楽科で身に付く三つの資質・能力と各教材との関連を図示。各学年の「学びの地図」となるよう目次の次ページに掲載した。年間指導計画や評価計画を立てる際の参考資料としても活用できる。

②主体的・対話的で深い学びを実現する「深めよう!音楽」

具体的な学習の手立てを示した「深めよう!音楽」を適宜配置。対話的で深い学びが実現できるよう、協働的な場面も設けた。キャラクターの吹き出しでは、教師の発問や生徒の思考、発言を例示し、ポイントを押さえて学習を進められるよう配慮した。

③音楽の学習を通して社会とつながる

音や音楽が、生活や社会、文化とどのように関わり、どのような意味や価値をもつのかを、生徒が意識的に考える「生活や社会の中の音楽」を新設。その内容は、身近な「サウンドロゴ」やSDGsなど多岐にわたる。

④その他の特徴

思考力を育む巻頭資料。我が国や郷土の伝統音楽の充実。体験活動による深い学びの実現(指揮や唱歌の活用)。共通性・固有性を意識した比較鑑賞の充実。ICTの活用。