第46回全日本教育工学研究協議会全国大会(鹿児島大会)の見どころとICT教育の現状とこれから

日本教育工学協会会長 野中 陽一

第46回全日本教育工学研究協議会全国大会を、鹿児島県教育委員会、鹿児島市教育委員会をはじめとする関係者の方々のご協力により開催できますこと、心より感謝申し上げます。

新型コロナウイルス感染症対策のため、ハイブリッド(授業公開(限定)+オンライン)開催となります。公開授業は、鹿児島やその周辺の学校関係者に限り、直接の参観が行えるようにし、全国の皆さまにはオンライン配信による参観、研究討議への参加をお願いいたします。基調講演、パネルディスカッション、研究発表、トークセッション、開会行事、学校情報化先進校表彰式、閉会行事はオンライン配信により実施します。

本大会のテーマは、「つながる!広がる!新しいICT活用のカタチ~風は南、かごしまから~」です。九州教育情報化研究会を中心とした実行委員会が早くから組織され、鹿児島県・鹿児島市教育委員会の指導主事の方々や企業の皆さまからも多大なご支援をいただき、公開授業校では、情報活用能力の育成、ICT活用に関する実践研究を積み重ねてこられました。

また、パナソニック教育財団のご支援をいただき、開催の前年度から日本教育工学協会(JAET)の役員が授業公開校の研究支援を行う取り組みも進めてまいりました。

新型コロナウイルス感染症対策のため、多くの小学校、中学校、高等学校などが休校となりました。学校における教育活動の一部をオンラインで実施する取り組みによって、全ての子供たちの学びを保障できるよう、教育委員会、学校などはさまざまな対応に追われ、さらにGIGAスクール構想への対応も求められています。まさにICTによってつながり、ICTの活用が広がり、新しいICT活用のカタチが生まれつつあります。

鹿児島でもさまざまな取り組みがなされており、授業公開、パネルディスカッションなど通して、その成果を学ぶことができると同時に、全国各地の取り組みを共有することができるでしょう。

研究発表はオンライン教育、オンライン研修に関する発表も含み、84件を予定しております。できるだけ多くの方に発表していただけるよう、教育工学に関わる研究や実践の発表であれば、どなたでも申し込むことができるのもJAETの全国大会の特徴です。まだ発表されていない方も今年の発表を参考にして、次年度の大阪大会に向けて準備を進めていただければと思います。

日本教育工学協会の活動は、主に賛助会員の皆さまからのご支援、ご協力に支えられて行われております。今回は従来の企業展示に代えて、協賛企業のPR動画も配信します。

JAETとしても、オンラインでの全国大会の開催は新たな挑戦です。授業研究や教員研修のオンライン化という視点からもご意見をいただき、今後に生かしていきたいと考えております。

全国の教育現場の方々、教育情報化関連企業の方々、教育の情報化を研究対象としている教育工学研究者の方々には、ぜひ、多様なプログラムを通して明日の教育実践に役立つ研究成果を交流し、連携協力関係を築いていただければ幸いです。


【戻る】