英語

英語の学習ツールを紹介します。

開隆堂出版

さまざまな言語活動の場面で利用
ピクチャーチャートほか
■ピクチャーチャート

教科書の内容に準拠した各種チャートを収録しました。さまざまな言語活動の場面で利用できます。教科書本文中の内容を視覚化したチャートは、オモテ面には絵や写真、裏面には該当する教科書本文が掲載されています。各チャートの画像を収録したDVD―ROM付きなので、投影して利用することも可能です。

各学年 定価5万7200円(本体5万2千円)/B3判・220枚/DVD―ROM付き

■フラッシュカード

教科書の新出語と重要な連語を網羅して収録。英語・日本語両方からの指示ができるので、発音練習、つづり字の確認、意味の確認など、多目的に使用することができます。単語の一番強く読むところにアクセント記号が付いていますので、発音練習もできます。

各学年 定価3万5200円(本体3万2千円)/128×364mm/700~840枚

■指導者用デジタル教科書(教材)/学習者用デジタル教科書+教材

教科書全ページが収録されており、デジタル教材の内容も併せ持っています。レスポンスが良い「まなビューア」を採用し、拡大縮小表示、書き込み、ページ操作などの基本機能と、特別支援機能(総ルビ、白黒反転表示、日本語音声読み上げ、リフロー表示)も充実しています。音声はネイティブ音声で収録し、音声再生機能が充実しているとともに、動画などで学習をサポートします。

指導者用1年間使用版各学年2万7500円(本体2万5千円)/学習者用1年度間使用版各学年1320円(本体1200円)※詳細はお問合せください。

内田洋行

ウチダの小学校英語デジタル教材
「みんなで楽しく教室英語!」

新しい学習指導要領において、小学校外国語の授業で先生が児童と簡単な英語でやり取りをする場面が出てきます。「みんなで楽しく教室英語!」は、小学校英語教材で評価の高いmpi松香フォニックスの書籍をベースに、英語が苦手な先生でも使え、児童と一緒に英語に慣れ親しめるデジタル教材を念頭に制作した教材です。主に小学校中学年(2技能「聞く」「話す」)を対象としますが、小学校低学年でも高学年でも使えます。

特長は、◇先生と児童が英語でやり取りする教室英語を映像(チャンツ)教材で楽しく学べる ◇先生が児童と一緒に英語に慣れ親しめる教材 ◇「授業で使う」「個人練習で使う」「校内研修で使う」3つの使い方 ◇授業ですぐに使えるように「指導案」「教室英語のポイント(心がけること)」付き ◇2技能(聞くこと/話すこと)対応、の5つです。

テーマは、①始めの挨拶のやり取り ②ペアになったり、グループになるときのやり取り ③発表したり、発表者をほめるときのやり取り ④終わりの挨拶のやり取り――の4つを設定しています。全16本の映像を収録しており、1本あたり1分~2分弱です。各テーマには指導案、スクリプト、指導用資料が付いています。

推奨環境は、パッケージ版Windows 10(ブラウザ:Edge/Chrome/IE11)、EduMall版Windows 10(ブラウザ:IE11/Edge/Chrome)、Chrome OS(ブラウザ:Chrome)、iOS(ブラウザ:Safari)です。

価格は、パッケージ版(型番4-810-3514)1万2千円、EduMall版(型番4-814-1069)年間3千円。いずれも税別です。

文溪堂

パフォーマンス評価の規準例を示す
英語テスト(5年・6年)
①3観点に完全対応。取り組みやすさも徹底追及。

学習するUnit毎に1枚で編成し、語句や表現のたしかめ【知識・技能】、目的や場面、状況に応じて考える力のたしかめ【思考・判断・表現】、学習のふり返り【主体的に学習に取り組む態度】まで、観点別評価ができます。

また、慣れない英語のテストに無理なく取り組めるよう、イラストや解答方法等、分かりやすい紙面を実現しています。

②「話すこと」の評価のための「パフォーマンス評価」の手引きを提供。

本教材では学期末等の学習のまとまりでそれまでに学習した言語材料を使ってコミュニケーションをする場面を設定し、具体的なコミュニケーション活動を通して活用する力の評価ができます。

コミュニケーション能力の評価は、具体的なやり取りの様子に応じて、A、B、Cの評価ができるよう、評価規準例を示しました。また、「パフォーマンス評価」の具体的な実施手順を動画で紹介し、初めての実施の場合でも、スムーズに確実に実施できるよう工夫してあります。

ALTの先生向けには、手引きの英語版を収録した専用教師用書をご用意しています(一部の準拠を除く)。

新興出版社啓林館

豊富なメニューで音声を自在に再生
BLUE SKY English Course デジタル教科書・教材
◎ビューアの特徴(指導者用・学習者用共通)

教科書紙面の起動や読み込みが早く、スムーズにさまざまなコンテンツを操作できます。

◎テキスト画面

教科書紙面から本文を抜き出した画面です。音声再生速度の変更はもちろん、カラオケ再生、シャドーイング(in)、シャドーイング(out)や、新出語マスキングなど、さまざまな設定が可能です。

◎多彩なコンテンツ
①フラッシュカード

新出語句をフラッシュカード形式で表示できます。英語→和訳、和訳→英語などの切り替えや、フラッシュ間隔の調整も可能です。

②フレーズ音読ツール

長い英文を英語の語順のまま理解するためのツールです。意味単位ごとのフレーズに区切った本文と対訳を表示できます。

③ピクチャーカード

本文に関連する写真・イラストを順番に表示します。本文の概要把握などに活用できます。ピクチャーカードに連動した本文の音声を再生できます(字幕表示も可能です)。

④ビデオクリップ

題材への興味を喚起する資料動画や、ターゲット文法を分かりやすく解説する解説動画が視聴できます。

⑤その他

問題コンテンツでは、リスニング問題の音声を聞いて解答を表示したり、スクリプトを表示したりすることが可能です。
指導者用デジタル教科書(教材)アプリ版・ブラウザ版価格:(数学・理科・英語)各学年共通

期間版9万200円(本体8万2千円+税)/1年間版2万6400円(本体2万4千円+税)

学習者用デジタル教科書価格は、弊社ホームページをご覧ください。