理科


理科の学習ツールを紹介します。

東京書籍

クラウド配信で家庭でも学校でも学びをとめない
小学校・中学校 理科学習者用デジタル教科書・教材

令和2年度小学校に続き、令和3年度中学校も「学習者用デジタル教科書・教材」を発行します。

クラウド配信に対応しており,家庭でも学校でも使用することができます。

●学習者用デジタル教科書の主な特長
①自由に書き込み可能

気づいたことをメモしたり、重要なところに印を付けたりすることができます。学習者用端末の画面を学級内で共有できるような環境が整っていれば、児童・生徒が書き込んだ内容を共有・比較して議論する、といった活用も可能となり、「主体的・対話的で深い学び」の視点からの授業改善にも役立ちます。

②誰にでも使いやすい

教科書本文をふりがなと分かち書きで表示することができます。特別支援に資する機能としてだけでなく、近年増加している日本語の読みが苦手な児童・生徒への対応としても有用です。

③デジタルコンテンツを手軽に活用できる

紙の教科書には、学習に役立つデジタルコンテンツやウェブページにアクセスするための二次元コードとURLが記載されています。「学習者用デジタル教科書」では、紙面上の「Dマーク」をクリックするだけで、連携するデジタルコンテンツを利用できます。

●学習者用デジタル教材の主な特長

「学習者用デジタル教科書」と組み合わせて使用することで効果を発揮する教材です。「教科書+教材一体型」と「教材単体」の2種類を発行しており、実験で使う道具の使い方の動画のほか、学習に役立つさまざまなコンテンツを多数収載しています。

* * *

「学習者用デジタル教科書」は紙の教科書と同じラインアップで価格も紙の教科書とほぼ同額。理科の「学習者用デジタル教材(教科書+教材一体型)」の価格は、小学校3年1540円、4年~6年各1760円、中学校各学年1650円(すべて税込・ユーザーライセンス)。Windows/Chromebook/iPadに対応。

内田洋行

1人1台PCを活用した新しい顕微鏡観察
生物顕微鏡D―SKシリーズ

内田洋行は、GIGAスクールの環境下で活用できる新しい顕微鏡観察を提案している。従来の顕微鏡観察では児童・生徒は見るだけにとどまり「記録する」「共有する」ことが難しかった。内田洋行が発売するD―SKシリーズはタブレットPCに直接接続でき、専用に用意された使いやすいソフトウエアによって、簡単に観察および画像の保存ができる。このことにより子供たちは自分で見つけた微小の世界を自分のライブラリーに保存でき、グループやクラスでの共有も容易になる。子供たちが主体的に顕微鏡観察に取り組み、他者と驚きや気付きを共有することで学びを深めることを促す。

特長は次の通りである。

●専用ソフトウエア

タブレットPC用のシンプルで使いやすいソフトウエアが付属。 タッチパネル対応で、直感的に操作ができるようボタンを配置している。ワンボタンで簡単に静止画、動画の撮影ができる。

●簡単接続

顕微鏡本体とタブレットPCを付属のUSBケーブル1本で接続するだけですぐに使える。

●最新式の顕微鏡本体

タブレットPCの画面だけでなく、接眼レンズを通した観察のために顕微鏡本体も最新の機能を備えている。取り外し式の反射鏡と連続調光式のLED照明。バッテリーを内蔵しており移動も容易である。ロック機構付き対物レンズを採用し管理もし易い。

生物顕微鏡 D―SK5

総合倍率400倍タイプ

6万9千円(税別)

生物顕微鏡 D―SK6

総合倍率600倍タイプ

7万2千円(税別)

鈴木楽器製作所

音の伝わり方と大小を目で感じる実験器
サウンドウォッチャーOTJ-1

小学校3年生理科?光と音の性質”の単元では、音源が発音する際の震え方に着目し、音の大きさが変化したときの震え方の変化などを学ぶ。この『音』に関する学習に楽器メーカーが開発した実験器が、サウンドウォッチャーOTJ-1。透明なヘッドが付いた太鼓のような外観で、中に小さなボールが沢山入っているのが見える。使い方は付属の実験用CDをスピーカー付CDプレーヤーなどで再生し、手に持ったサウンドウォッチャーをスピーカーへ近づけるのみ。すると再生音に合わせてヘッドが振動し、中のボールが跳ねる様子がひと目で分かるようになっている。再生機器のボリュームを自由に調整すれば音量の違いによる震え方の変化も手軽に観察することができる。

子供たちは、物から音が出たり伝わったりする際に、物が震えているということを実際に見て・聴いて・触れながら体験することができる。

収録音には、一定の音量で発音する基準音の他に、音量が変化するものや、8ビートやサンバなどのリズムトラックも収録されており、幅広い実験をユニークに行うことが可能になっている。また、ヘッドはドラムの様にボルト締めになっているため、効果的な反応が得られるように付属のチューニングハンマーでいつでも張りを調整することが可能。メンテナンス性も考慮されている。

価格は1万2800円(税別)

問い合わせは、㈱鈴木楽器製作所/℡053(461)2325(代)

東映教育映像部

宇宙の秘密をアレコレ考える
「宇宙のひみつがわかるえほん」
(c)的川泰宣・大高郁子/ポプラ社/宇宙のひみつがわかるえほん製作委員会

ポプラ社刊の科学絵本「宇宙のひみつがわかるえほん」(文/的川泰宣、絵/大高郁子)全6巻シリーズから「なぜ、星は光っているの?」「宇宙人は、ほんとうにいるの?」の2作品のアニメ―ション教材(企画・製作/宇宙のひみつがわかるえほん製作委員会 監督/名取孝浩 脚本/山田由香 アニメーションキャラクターデザイン/三本めぐみ 背景/金島邦夫 音楽/野崎美波 音響制作/スリートゥリー 3DCG/SMDE アニメーション制作/ゆめ太カンパニー ドーム映像配給/五藤光学研究所 協力/JAXA)。

対象は小学校理科(地球と天体の運動)(生物と環境の関わり)、小学校特別活動(学校行事)。

仲良し3人組のもっくん、そらちゃん、かいくんが宇宙のことなら何でも知っているタコロス先生と不思議なネコと一緒に、宇宙の秘密をアレコレ考える内容。

「第1話/なぜ、星は光っているの?」

夜空の星はなぜ光っているんだろう? そんな素朴な疑問から、星が光る秘密を探るため、仲良し3人組はタコロス先生とネコと一緒に宇宙に飛び出す。月や太陽が光る秘密、そして星の光が地球に届くまでの秘密を探る。

「第2話/宇宙人は、ほんとうにいるの?」

宇宙人が地球にやってくる映画を見て、疑問を持った仲良し3人組。生き物がどうやって誕生したのかを探るため、タコロス先生とネコと一緒に海の底へ向かう。さらに、宇宙人を探し出すため惑星や衛星をめぐる。

DVD6万6千円(本体価格)。学校特別価格3万3千円(本体価格)。作品の詳細や予告編はホームページまで。

新興出版社啓林館

見たい箇所を簡単操作で拡大
未来へひろがるサイエンス デジタル教科書・教材
◎ビューアの特徴(指導者用・学習者用共通)
①拡大機能

見たい箇所をドラッグで囲むだけで簡単操作で拡大できます。

②ペンツール

書き込み用に豊富な線種(直線・自由曲線・マーカー等)を準備しました。

③タブ切り替え機能

教科書画面やコンテンツを複数立ち上げ、それらを素早く交互に移動できます。

④学習履歴の活用

最後に開いたページ、書き込みなどの状態を保存し、そこから学習を再開することができます。

◎多彩なコンテンツ
①シミュレーション

ドラッグ操作などで試行錯誤しながら考えることができます。

②動画

観察が難しいものや時間のかかる実験などを動画で確認できます。器具の使い方などは生徒の目線から撮影しています。

③スライド

順を追って説明したい内容は、スライドで何度も繰り返し提示できるようにしました。教科書には収録できなかった資料など多数用意しています。

④フラッシュカード

重要語句や確実に習得したい内容を楽しみながら繰り返し学習することができます。

⑤その他

アニメーションやワーク、マスクコンテンツなども豊富に収録しています。

指導者用デジタル教科書(教材)アプリ版・ブラウザ版価格:(数学・理科・英語)各学年共通

期間版9万200円(本体8万2千円+税)/1年間版2万6400円(本体2万4千円+税)

学習者用デジタル教科書価格は、弊社ホームページをご覧ください。

大日本図書

クラウド時代に対応した次世代教育ツール
指導者用・学習者用デジタル教科書/教材

大日本図書は今春から使用される中学校の新教科書に合わせ、指導者用・学習者用のデジタル教科書/教材を発売します。ビューアには「みらいスクールプラットフォーム」を採用。従来のインストール運用、自治体Webサーバー運用に加え、クラウド配信にも対応します。スムーズなページ遷移、そして汎用ツールはシンプルにまとめ、教科書でありながら紙の教科書以上のポテンシャルを持つクラウド時代に対応した次世代教育ツールです。

資料性の高さが求められる理科では紙の教科書に掲載された図解をアニメーションで動的に再現し、シミュレーションでは操作や条件を変更し、試行錯誤を繰り返すことができます。これらのコンテンツが生徒の知識の定着に役立ちます。

映像資料としては、報道や科学番組、CGなど豊富な映像ライブラリから貴重なものや生徒の興味・関心を喚起する映像を厳選して収録したNHKビデオ教材、さらに教科書掲載の実験・観察を網羅しました。準備物から注意点、実験・観察の見落としがちな箇所などを丁寧に解説しているので、教材研究にも最適です。生徒が視聴の流れで実験・観察結果に至ることのないよう、実験・観察と結果は映像を分割して収録。理科器具の基本操作の動画は理科室での安全な指導に有用です。

学習者用デジタル教科書(+教材)は指導者用デジタル教科書に収録した豊富なコンテンツを同等に収録することで、新しい生活様式も見据えた「自学自習」に最適な教材となっています。「読んで記憶する理科」から「見て考える理科」へ。大日本図書のデジタル教科書/教材が深い学びを実現します。

ニコン

自然観察のパートナー
ニコンネイチャースコープ「ファーブルシリーズ」
ニコン双眼鏡「ACULON T02」

フィールドにある「見たいもの」を、その場で20倍に拡大し、鮮明かつ立体的に観察できる。それがニコン携帯型双眼実体顕微鏡「ファーブルシリーズ」の魅力だ。

フィールドで子どもたちが自分で見つけた植物や昆虫などを、興味・関心が高まっているその場で拡大観察ができる。また、教室に持ち込めない樹木なども、プレートを外して押しあてれば20倍で見ることができる。

付属するストラップを装着すると、首から下げて持ち歩け、どこでも実体顕微鏡による拡大観察ができるのが「ファーブルシリーズ」なのだ。

一方、フィールドには野鳥のように近づくと逃げてしまう生きものもいる。そんな時に遠方から大きく観察できるのが双眼鏡だ。ニコン双眼鏡「ACULON T02」は、児童にも使いやすいコンパクトサイズで重さはわずか195g。レンズには多層膜コーティングを採用し、明るくクリアな視界で、遠い野鳥をはじめ、樹上の花や木の実、景色、月のクレーターなどがくっきりと大きく見られる。

ニコンの光学技術が光る「ファーブルシリーズ」と「ACULON T02」で、自然観察の楽しさは大きく広がるのだ。

●ファーブルミニ

子どもでも手軽に楽しめるシリーズ最軽量の395g。防滴仕様なので水辺での使用も安心。価格:3万6千円(税別)

●ACULON T02

シャープなデザインで、7色のカラーバリエーション。持つのが楽しくなるおしゃれな双眼鏡。

8×21(レッド、ブルー、グリーン、イエロー、パープル、ホワイト )、10×21(ブラック)

価格:オープンプライス