深い学びへ重要性高まる学校図書館 着々と進む学校司書などの配置 GIGAスクールで活用に広がり

小中学校でスタートした新学習指導要領で目指している、児童生徒の「主体的・対話的で深い学び」。その実現に大きな役割を果たすのが、子供たちの学習支援や読書を通して読み解く力を養う学校図書館だ。子供たちの読書離れも指摘される中、文科省では5年ごとに計画を策定して着々と整備を進めている。文科省総合教育政策局図書館・学校図書館振興室の平川康弘室長に、学校図書館を巡る取り組みと今後の課題を聞いた。


――第5次「学校図書館図書整備等5か年計画(2017~21年度)」が最終年度を迎えました。まず5か年計画のこれまでの成果について教えてください。

学校図書館には3つの機能があります。1つ目は自由な読書活動や読書指導の場としての、読書センターの機能。2つ目は、児童生徒の学習活動の支援や授業の内容を豊かにして理解を深める、学習センターの機能。そして3つ目は、児童生徒や教職員の情報ニーズへの対応、児童生徒の情報収集や選択、活用能力を育む、情報センターの機能です。

こうした機能の充実に向けて第5次計画では5年間で、学校図書館の図書整備(約1100億円)や新聞配備(約150億円)、学校司書配置(約1100億円)の地方財政措置が講じられています。実は20年度に進捗(しんちょく)状況について全国的な調査を実施し、現在、分析を進めています。学校司書は小中学校のおおむね1・5校に1人の配置を目指し、16年度では公立小学校で59・3%、中学校で57・3%となっていましたが、着実に進んでいると思われます。調査結果を踏まえて何が足りないか課題を洗い出し、来年度からの第6次計画づくりにつなげたいと考えています。

高まる司書教諭・学校司書の果たす役割
――新学習指導要領が昨年度の小学校に続いて、今年度から中学校でもスタートしました。目標に掲げる「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けて、司書教諭や学校司書が果たす役割はますます高まっているのではないでしょうか。

新学習指導要領では、学校図書館を計画的に利用して機能の活用を図り、生徒の「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善に生かすことが明記されています。この実現のためには各教科を横断的に捉えて、計画的に指導を進めるカリキュラム・マネジメントが必要です。具体的には学校図書館の図書資料を有効に利活用して、生徒が興味・関心に応じて主体的に学習内容の背景を探ったり、問いを見いだして解決したりしながら、自分の考えを形成するといったことが大切です。

こうした図書資料の利活用で、重要な役割を果たすのが司書教諭や学校司書です。司書教諭には学校図書館の運営に関する総括や、図書館を活用した教育活動の企画、実施が求められます。また、学校司書には図書資料の管理や図書の閲覧や貸し出し、さらに生徒や教員に対する直接支援に加えて、各教科の指導に関する支援、教育指導への支援といった役割が求められ、いずれも重要性はますます高まっていると言えます。

友達に好きな本を薦める「ビブリオバトル」広がる
――学校図書館の整備とともに第4次「子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画」(2018~22年度)も進んでいます。活動の推進状況とともに、具体的な取り組み事例についてもお話しください。
第四次(18~22年度)「子供の読書活動の推進に関する基本的な計画」の概要

18年度に策定された今回の計画では、各自治体に推進計画をつくることを求め、市は100%、町村は70%の策定率を目標にしています。20年度の時点で市は93.4%と未達成ですが、町村は71.6%と目標を達成しました。

基本計画を策定するにあたって分析したところ、中学生までの読書習慣の形成が不十分であることや、高校生になると部活動などで読書への関心度合いが低下しているのではないかといった課題が指摘されました。そのため発達段階に応じた効果的な取り組みの推進が必要だと考えています。また、高校生になって読書の関心の低下を防ぐために、友人同士で本を薦め合うなど読書への関心を高めることが必要です。最近はビブリオバトルという取り組みが中学校や高校で進んでいます。これは、みんなでお気に入りの本を紹介し合い、読みたくなった本を投票などで決めて読書活動を広げる活動ですが、活発に行われるようになってきています。

また、文科省ではコロナ禍に子供たちに読書をしてもらおうと「もっとひろがれ!本の森」という特設サイトを作って、室伏広治スポーツ庁長官をはじめとする著名人お薦めの本を紹介したり、「こどもの教育応援大使」の香川照之さんが読書を勧める動画を掲載したりする取り組みを進め、この1年間で閲覧数22万PVを達成しました。

GIGAスクール構想で活用に広がりも
――4月からGIGAスクール構想による「1人1台端末」が小中学校でスタートしました。新しいステージを迎える中で、改めて学校図書館や関係者に求められる役割についてどうお考えですか。
第四次(18~22年度)「子供の読書活動の推進に関する基本的な計画」推進のための主な方策

GIGAスクール構想によって、図書とパソコンなどの情報端末機器を併用した授業が実施できることになりました。これからは電子書籍の導入による電子図書の取り組みも考えられると思います。電子図書については、コロナ禍の学校の臨時休業期間中に学校図書館が利用できなかった際、一部の学校で導入を検討する動きもありました。現状では、予算もかかることから私立学校に比べて公立での導入例は少ない状況ですが、GIGAスクール構想が進むにつれて活用も増えてくる可能性があると思います。

――さまざまな学びの基本は読書からとも言われます。学校図書館の現場で活動する関係者や保護者などに向けて、一言いただけますか。

やはり読書というのは創造性を育み、感性を豊かにしますので、幼少期から本を読む習慣をつけてもらいたいと思います。繰り返しになりますが、新学習指導要領では「深い学び」が求められますので、これからより一層、学校図書館の図書資料などを利活用していただき、授業に寄与していただきたいと思います。

また、文科省では4月23日の「子ども読書の日」に、読書活動の推進で優れた取り組みを行っている学校などへの表彰も行っています。ぜひこうした取り組みにも触れていただき、子供たちの読書への関心を高めて、学びにもつなげてほしいと思います。


【学校図書館特集】トップページに戻る