司書教諭と学校司書の連携 パスファインダーの活用を通して 新潟市立白山小学校

はじめに

本校は、司書教諭・学校司書が配属されており、読書センターとして読み聞かせやブックトークなど、多様な読書活動や読書支援を行ってきた。

図書資料とタブレットを活用した調べ学習

しかし、学習・情報センターとしての図書館活用は十分とは言えなかった。図書資料を活用した調べ学習を図書館で実施すると、高学年児童でさえ、「探したい資料が見つからない」という訴えがあった。これは、学習に必要な資料をブックトラックなどで教室に運び、その中から図書資料を選択するような学習形態が主として行われており、図書館で分類番号を手掛かりに各自が必要な資料を探す経験が不足していることが要因として考えられた。

そこで、児童が図書館で必要な情報を選択する手だてとして、3年生以上の児童が学習で活用できるパスファインダーを作成し、司書教諭と学校司書がパスファインダーを活用した授業を連携して行う実践を積み重ねることで、学習センターとしての図書館活用を推進してきた。

パスファインダーを活用した授業実践
(1)学習につながるパスファインダー
パスファインダーを活用して図書資料を探す児童

パスファインダーは「テーマ別本の調べ方案内」であるが、この実践では、「自らの力で必要な本を探す手だて」と捉えている。教科書と連動したテーマでパスファインダーを作成し、授業で全員が継続して活用することにより、児童の情報活用能力を高め、必要な図書資料を自ら選書できることを目指した。

(2)司書教諭と学校司書の協同作成

本校では図書館活用年間計画を作成し、各学年の図書館活用を進めてきたが、パスファインダーの活用を進めるにあたり、司書教諭が3年生以上各学年で1単元の図書館活用重点単元を設定した。その後、学校司書が単元に合わせた選書を行い、司書教諭が学校司書の選書に基づきパスファインダーを作成した。

多くの公共図書館のパスファインダーを参考にしたが、文字が占める割合が多い場合、読むことに抵抗がある児童には、扱いにくいものになることが予想された。そのため、本の表紙画像を取り入れると共に、キーワードとキーワードに関する分類番号を記載することにより、児童にとって親しみやすい様式とした。

(3)授業の実際 「図書館で授業を!」

18年度から19年度までの2年間で3年生以上の全ての学級の国語または社会などの授業で、司書教諭と学校司書によるパスファインダーを活用した授業を行った。この実践では、本の要約や引用、学習のゴールであるリーフレットやパンフレットのまとめ方については司書教諭が指導し、情報の選択やパスファインダーの使い方については学校司書が指導した。

この2年間の取り組みで、児童はパスファインダーを活用し、自ら必要な図書資料を活用できるようになっただけでなく、分類番号に着目し図書資料を探し出すこともできるようになり、学習センターとしての図書館活用がさらに推進された。20年度は、児童が分類番号をもとに必要な図書資料を選択したり、パスファインダーを活用したりすることにも十分に慣れたため、司書教諭や学校司書が授業に参加せず、学級担任だけで授業を進めた。

さらに、21年1月からは新潟市内の全ての小中学校で、1人1台ずつタブレットが活用できるようになった。そのため、図書資料とタブレットを併用する学習実践にも新たに取り組んでいる。

図書館が活用される機会が確実に増加

3年間にわたる実践により、児童はパスファインダーを活用して必要な図書資料を短時間で探すことが確実にできるだけでなく、他の学習でも分類番号を手掛かりに図書資料を探すことができるようになり、学習センターとして図書館が活用される機会が確実に増加した。

学校司書が授業に参加することで、児童が必要とする図書を把握することができ、選書に生かすことができた。この実践を通して自校資料が活用されると共に、これまで活用されなかった図書資料活用も促進された。

しかし、自校資料だけでは図書資料が不足することや、必要な図書資料が重複することも多かった。児童が必要とするテーマは多岐にわたっており、年度によっても必要とする図書資料が異なることから、公立図書館との連携や作成したパスファインダーの追加・修正が必要である。

(前新潟市立白山小学校司書教諭・高島和子)


【学校図書館特集】トップページに戻る