東京都青少年・治安対策本部は、青少年の性的被害防止に向けた情報をWebサイト(http://www.stop-jk-business.tokyo/)で公開している。JKビジネスの危険性をクイズなどを通して理解、啓発する構成を工夫。性トラブル回避に向けた都内全高校生へのリーフレット配布なども行う。

中教審の児童生徒の学習評価に関するワーキンググループは12月11日、文科省内で開いた。委員からは学習評価の現状と課題、小・中学校の評価の実践に基づく報告があった。

地域・教育魅力化プラットフォーム(水谷智之代表理事)はこのほど、全国から生徒を募集する公立高校への留学支援事業「地域みらい留学」を開始した。こうした高校が集まる留学フェアの開催などを通じて、地方の高校で学ぶ魅力を広める。

7月の参議院選挙への関心の一つは18歳選挙権行使であった。遅かった行使で、諸外国の9割は18歳で選挙権を持つ。

文科省は2月2日、平成27年度「英語教育改善のための英語力調査」の結果(速報)を公表した。前年度と比べ、英語力の向上がみられるものの、依然として全ての技能に課題があるのが明らかになった。

MMD研究所は10月31日、「2016年歩きスマホに関する実態調査」の結果を公表した。それによると、歩きスマホに危険意識を持っているのは全体の9割を超えるが、8割以上が歩きスマホを経験している。

 三重県伊賀市のウィッツ青山学園高校が、就学支援金を不正受給し、履修内容も不適切だった疑いがもたれている問題で、文科省は3月17日、「広域通信制高校の教育運営改善緊急タスクフォース(TF)」を開いた。同校の今年度卒業見込みの通信制生徒403人に対しては、救済措置をとるよう、所管する伊賀市に要請すると決めた。

元東京都立西高等学校長 石井杉生

 今まで、計画(P段階)の課題を述べてきたので、今回は実行(D段階)の課題に触れてみたい。  この実行段階の課題は、一言で言えば、ジョブアサインメントができていないということである。ジョブは仕事でアサインとは割り振るという意味。つなげれば、仕事を一人一人に割り振ることを意味する。  リクルートワークス研究所の用語解説によれば、「ジョブアサイン力は、マネジャーの部下育成スキルともいえ、どれだけストレッチした目標、役割を与えられるかで、人材の成長も組織力の向上も左右される。……

次期学習指導要領では、小学校に「プログラミング教育」の必修化が示された。これは、従来行われてきたコーディング(プログラミング言語を用いた記述方法)の習得が目的ではない。「プログラミング的思考」がそのキーワードであり、「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、意図した活動により近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」と定義されている(議論のまとめ)。

明治安田生命保険相互会社がこのほど、「子育てに関するアンケート調査」の結果を公表した。子供のいる20~59歳の既婚男女が、子育てにかかる費用で最も負担が大きいと感じているのは「学費」だった。

公式SNS

16,254ファンいいね
0フォロワーフォロー