あるテレビ番組で、子供に代わって業者が宿題をする「宿題代行サービス」が取り上げられていた。恥ずかしながらこうしたサービスの事情に疎く、その盛況ぶりに大変驚いた。 サービスを利用したことがある保護者に多くみられるのは「塾や運動など、宿題よりも優先させたいことがある」「宿題を見てあげる時間が取れない」といった意見だ。反対意見で圧倒的に多いのは「自分でやらないなら宿題の意味がない」というもの。 ツイッター上でも賛否両論の声が飛び交っている。……

敬愛大学国際学部教授・教職センター長 向山 行雄

スポーツの秋。各地で運動会の練習が真っ盛り。東京オリンピックまで2年足らず。 2020年6月20日は新学習指導要領準備の折り返し点。この日前後に、各学校が業者に発注した通知表が届く。それまでに、各教科等で育成すべき資質・能力について、学年ごとに明らかにする。評価規準を作成し、保護者に説明し理解を得ておく。――聖火リレーが東北の被災地を回っている頃。 準備のゴールは7月20日。……

長崎県は、離島の数が日本一の都道府県である。離島では、これまでもさまざまな遠隔地と結んだ教育の取り組みが行われてきた。行政無線などを使った広域教育工学総合システムのNIGHTシステムは、昭和40年代に誕生。遠隔地との教育の礎を築いた。人口減少社会の中、離島の小規模学級を含んだ全ての子供たちに「主体的・対話的で深い学び」を実現する遠隔合同授業が求められている。 そこで今回は、長崎市の小学校同士をつないだ遠隔合同授業の取り組みに触れたい。 同市には、世界遺産の端島(軍艦島)がある。……

eye-catch_1024-768_chichibu国立教育政策研究所研究企画開発部総括研究官 千々布敏弥

私が複数年関わって何の成果も得られなかった学校がある。1校ではない。あまりの失敗事例の多さに閉口し、赤面するのだが、この問題から逃げるわけにはいかない(というよりも、現在取り組んでいる研究のメインテーマになっている)。 学会仲間に失敗事例の経緯をかいつまんで告白すると、「なぜそんな学校に通ったのか」と非難される。多くの研究者は授業研究に関する自らのテーマを定めており、それにのっとった校内研究テーマを目指す学校に関わっている。 私は学び合いをテーマにして学校に関わっているのだが、学び合いに取り組みたいと考えて私にアプローチをかけてきた学校であるにもかかわらず、なかなか成立しないことが多い。……

日本の教員は他の先進国の教員に比べて昇給率が高い――。OECD(経済協力開発機構)が9月11日に発表した「図表で見る教育2018」で、日本とOECD加盟国の教員が初任と勤続15年目で受け取る給与水準の比較から、こんな教員給与の実態が分かった。一方、日本の教員は国際的に長時間労働を強いられていることが裏付けられた。 それによると、教員の初任時における年収は、加盟国平均で▽小学校 3万1919ドル▽中学校 3万3126ドル▽高校 3万4534ドル――だったのに対し、日本は小中高で同額の3万631ドルだった。……

厚労省は9月12日、児童相談所や自治体による相談支援体制の強化の方向性について検討するワーキンググループ(WG)の初会合を開いた。児相の業務や要保護児童の通告の在り方について具体策を議論し、年内に報告書をとりまとめる。 児童虐待の相談対応件数は年々増加し、2017年度速報値では、13万3778件に上っている。……

風疹が流行の兆しを見せている。国立感染症研究所が9月11日に発表した動向調査によると、今年の報告患者数(9月5日現在)は累計で362人に上った。前年同期に比べ269人増え、この5年間で最多となった。 風疹は発熱、発疹、リンパ節の腫れといった症状が出て、くしゃみやせきで感染する。……

新潟県立高校1年の男子生徒(当時15歳)が2016年11月に列車にはねられ亡くなった自殺について、県教委の第三者委員会は9月11日、いじめがあったと認定する調査報告書を池田幸博教育長に提出した。報告書は、組織的な対応をしなければならないという意識が学校側になかったと厳しく指摘した。池田教育長は「大変重く受け止めている。学校が子供の命を守れなかったことについて責任を痛感している」と述べた。 県教委によると、16年9月以降、一部の生徒が男子生徒を不愉快なあだ名で呼んだり、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で男子生徒を中傷する合成画像を投稿したりした。……

間辺広樹・神奈川県立柏陽高校教諭×東京大学1年生 間辺美樹さん
東京大学が2016年度入学者選抜から導入している「推薦入試」は、定員約100人に対して7割程度しか合格しない。定員ありきでなく、水準に達しているかで判断するからだ。学力試験で入学する以上の難関とも言える。神奈川県立平塚中等教育学校に通っていた間辺美樹(まなべよしき)さんは、高校生ながら漢字の意味理解に着目させるためのソフトウエア「熟語マニア」を開発。その論文を情報処理学会で発表し、注目された。昨年、美樹さんはこの推薦入試に挑戦し、見事合格。今年度から同学で学んでいる。美樹さんの父・広樹さんは神奈川県立柏陽高校教諭で、教壇に立つ傍ら情報科学教育に関する研究に取り組み、博士号も取得している。間辺親子に「研究する高校生」をテーマに、東大推薦入試や、新学習指導要領で探究活動の重視が打ち出された高校教育の課題を聞いた。
■どうしても東大に行きたい
――東京大学の推薦入試は、いつから受けようと思ったのですか。
美樹 高1のときに東大で推薦入試が始まったのですが、その頃から興味はありました。自分の研究を学会で発表した経験もあるので、挑戦してみようと。学力だけでは劣っていたので、それをカバーするというのも少しあったのですが、今までやってきたことを評価してくれるのは一般入試より推薦入試だったというのが大きな理由です。 広樹 「受験はどうする」と聞いたら、己の実力も顧みず「とにかく東大」と。選択肢を与えたかったので、高1、2の頃には、いろいろな大学を見に行くように言ったのですが、本人が結局「東大に行きたい」と。 美樹 実は小さい頃から漢字以外にクイズも好きで、東大のクイズ研究会に入っています。……

部活動を完全に学校から切り離すことは可能なのか――。本来は、授業が終わった後の課外活動は全て民営化するのが望ましいのかもしれない。 学校の教育活動が終わった後、別の法人が責任団体になって、学校施設内で子供や地域の方々にさまざまなプログラムを提供する形態である。しかし、現時点で即座に全ての課外活動を民営化するのは現実的ではない。 民営化に向けてはステップを踏む必要がある。……

公式SNS

16,281ファンいいね