平成29年度用高校教科書展示【開隆堂出版】

開隆堂出版★コミュニケーション
英語Ⅰ
『Revised ENGLISH NOW English Communication Ⅰ』
▼「勉強する時に効果的なおやつ」「身の回りの『カワイイ』もの」「高校生が運営するレストラン」など高校生に身近な題材を精選。生徒目線の題材で英語学習への興味を喚起する。
▼英語の基礎が身につけられ、より充実した練習問題で無理なくコミュニケーション活動に導くやさしい教科書。

『New Discovery English Communication Ⅰ』
▼中学の復習~大学入試レベルに対応。英問英答やリスニングによる確認問題など、英語での授業が進めやすい構成。
▼「女子マラソンの先駆者ボビ・ギブ」「棚田の機能と問題」など、知的発見を促し、発信力を養う題材を精選。
▼スモールステップを踏んだコミュニケーション活動を各課に配置。

★コミュニケーション
英語Ⅱ
『ENGLISH NOW English Communication Ⅱ』
▼「外国人から見た日本の不思議」「夢を持ち続けることの大切さ」「高校生が作った究極のエコカー」など、興味深く夢のある題材を精選。
▼復習に重点を置き、基礎力の確実な定着を図る。

『Discovery English Communication Ⅱ』
▼「英語のつづりはなぜ覚えにくい?」「未知の巨大生物は深海に実在するか?」など、1.巻同様、生徒の知的好奇心をくすぐる題材を精選。
▼分量・難易度は段階的に上げ、1.巻の主な文法事項の復習も扱った。

★コミュニケーション
英語Ⅲ
『Discovery English Communication Ⅲ』
▼英文はⅡ巻から分量・難易度を上げ、実際の社会生活を想定して、英語が活用できるように場面・状況設定をした活動を配置。

★英語表現Ⅰ
『EXPRESSWAYS English Expression Ⅰ』
▼「身の回りのこと」から「社会生活」まで場面中心の構成で、「英語で発信できる力」を身につけられる。
▼「身近なことを表現しよう」「表現の幅を広げよう」「自分のことばで表現しよう」の3パート構成。

★情報
『社会と情報』
▼9つのユニットを自由に組み換えることができ、各学校の指導計画に合わせた効率的・効果的な授業を行うことができる。また、1つひとつのユニットは、学習しやすい分量で構成されている。
▼数多くの事例を用いて、わかりやすく充実した情報モラル学習ができる。
▼各ユニット末には、要点の確認と実力問題を掲載(合計27ページ)。知識の定着や理解をさらに深めるとともに、テスト対策としても最適。
▼「マイナンバー制度」や「18歳からの選挙権」など、最新の話題も掲載。

★家庭
『家庭基礎』『家庭総合』
▼将来の生活設計に向けて、各章の学習が最後に集約される全体構成。また、高校生の自立のための長期的な視点のもとに、各学習内容での小・中学校との接続が十分に配慮された構成である。
▼紙面のサイズが大きく図や資料も視覚的に見やすく、理解しやすい。
▼「社会的な視点」「科学的な視点」「学習を深める資料」「キャリア教育」の4つの観点で分類されたコラム。他教科との関連や小論文対策にも役立つ。
▼著者陣が70人を超え、高校教師が数多く参画しており、高校生に寄り添った「導入課題」「小課題」「実習製作例」でアクティブ・ラーニングが可能。
▼教科書のタイトルは、全て投げかけの形で学習の課題が明確。また1時間単位・見開きで完結しており、生徒も教師も授業をイメージしやすい。

同社HPはこちら

【戻る】

 

関連記事