平成29年度用高校教科書展示【大修館書店】

大修館書店●次世代の国語に向けた「挑戦」!
大修館『精選国語総合新訂版』は、現行の学習指導要領をふまえつつ、次世代の国語を見据えた新しい試みをふんだんに盛り込んだ教科書です。
大学入試改革や次期学習指導要領をめぐって話題となっている、思考力・判断力・表現力の育成、アクティブ・ラーニング型の学習活動などに、自然な学習展開の中で取り組むことができます。
「人間とは、挑戦し続ける存在である」。挑戦することの意義を高らかに謳い上げる巻頭教材「挑戦」(茂木健一郎)は、これからの国語教育の可能性を追求した教科書全体のコンセプトを象徴しています。

●「現代」を射抜く斬新で魅力的な教材群
池谷裕二、國分功一郎、西研など、新鮮な筆者陣による現代的テーマの評論を多数収録。もちろん、入試頻出の鷲田清一、福岡伸一、香山リカなど、安定した人気を誇る評論も収録しました。小説は、近現代文学の珠玉の作品を厳選し、安心して授業ができる名作揃いです。

●「3本の柱」で確かな国語の骨格作り
国語の能力系統として、「活動を通して学ぶ」「基礎力を養う」「知識を広げる」の3系統を体系的に織り込み、確かな国語の力が身につくように配慮しました。能力系統一覧「この教科書で身につく国語の力」を、目次の次ページに設けました。

●アクティブ・ラーニングを身近なものに
「活動を通して学ぶ」系統として、文章教材との自然なつながりの中で無理なくアクティブな学習活動が展開できる「言語活動」を設置。「現代文編」末尾には、さまざまな学習場面で随時参照できる「豊かな言語活動のために」を設置しました。コンパクトで日常的な活動から本格的な課題探究型学習まで、幅広い活動を紹介しています。
指導資料セット内の『言語活動編』に、これらの教材を用いた展開例、評価規準例、ワークシート例なども収録し、サポート体制も万全です。

●思考力・判断力・表現力を培う
「基礎力を養う」系統として、評論をふまえて論理的思考へと誘う「思考を深める」、文学の表現技法に着目する「表現を味わう」を設置。古典では、「古文を読むために」「漢文を読むために」に文法など基礎的事項をわかりやすくまとめました。
準拠問題集『学習課題ノート』では、これらのコラムをふまえた思考力・判断力・表現力を問う設問を随所に位置づけました。これを教科書と併用することで、さらに効果的な学習が可能です。

●教材の背景を知り、読書へと広げる
「知識を広げる」系統として、入試頻出の現代的テーマを網羅し、読書活動へと誘うコラム「広がる読書、広がる世界」を「現代文編」の各単元に設けました。
「古文編」「漢文編」には、コラム「古文の窓」「漢文の窓」を設置し、古典の背景知識を平易に解説しています。文章教材の背景知識を深めたり読書生活の充実につなげたりすることができます。

●語彙力・漢字力を高める工夫を徹底
「現代文編」の各ページ欄外には、本文中の重要漢字や重要語句を抽出し、対義語や類義語、読み替えの漢字なども紹介しています。本文中に出てきた語句から語彙・漢字を広げるための工夫です。各教材の末尾には「語句と漢字」コーナーを設け、漢字や語彙に関する小問を提示しています。
各教材中の「キーワード」からは、「現代文編」末尾の「キーワード解説」にリンク。入試にも頻出する評論キーワードの理解を確実なものにすることができます。

●便覧に匹敵する情報量の「資料編」
巻末「資料編」には古典関係の豊富な図版資料、日・中・世界の文学史を概観できる文学史年表、古文重要語句や文法の資料など、使える資料が盛りだくさん。充実の巻末資料となっています。

同社HPはこちら

【戻る】

関連記事