私大初の協定を締結 常葉大と教員研修センター

協定を結び握手を交わす西頭学長(左)と教員研修センターの高岡理事長
協定を結び握手を交わす西頭学長(左)と教員研修センターの高岡理事長

教員養成の高度化と研修の質の向上を目的に、常葉大学(静岡市、西頭德三学長)と(独)教員研修センター(高岡信也理事長)がこのほど、都内で「連携協力協定」を締結した。私大では国内初の協定となる。

これにより、同学教職大学院に派遣されている現職教員は、研修の一環として、同センターが実施する講演や演習などの研修プログラムを受講できる。また同センターが実施する研修やセミナーなどを両者が共同で設定し、開催できるようになる。

同教職大学院の現職教員学生は、原則1年修了の派遣形態をとっている。だが、この学修年限では短く、質の低下を招きかねないとの懸念があった。そうした観点から、これまで、静岡県総合教育センターと静岡市教育センターの希望研修プログラムに参加できるよう、整備してきた経緯がある。また同センターが行う中央研修には、これまで、県教委などからの推薦がなければ参加できなかった。

今後は、国の中央研修に位置づけられる場に参加でき、これによって、現職教員の資質・能力の向上を図る方針だ。

安藤雅之同教職大学院教授は「センターで行う『学校組織マネジメント指導者養成研修』は、現職教員にとって有益な研修機会となる。またセンターが実施するプログラムなどの共同開催によって、大学の教員の資質が向上し、本学の役割と機能の強化が図られる」と期待を寄せる。

関連記事