グローバル人材育成を目指し ESDのコンソーシアム推進

日本ユネスコ国内委が12団体採択
日本ユネスコ国内委員会(会長・安西祐一郎独立行政法人日本学術振興会顧問)このほど、2018年度の「グローバル人材の育成に向けたESDの推進事業」の対象となるコンソーシアムを決定した。多様なステークホルダーの参画によるESDコンソーシアムの構築と、「ESDの深化」を図る高度な実践を通じて、持続可能な社会づくりの担い手を育成し、地域のSDGs達成の推進に寄与することが目的。今年度は大学、教委、自治体、公益法人など12団体となっている。

この事業は、2014年度からの継続事業である「ESDコンソーシアム事業」と、18年度から新規にスタートした「ESDの深化による地域のSDGs推進事業」から成る。

コンソーシアム事業は、教委や大学が中心となり、ESDの推進拠点であるユネスコスクールとともにコンソーシアムを形成し、地域におけるESDの実践・普及や、国内外におけるユネスコスクール間の交流などを促進する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。