(鉄筆)子どもの貧困と教育格差…

子どもの貧困と教育格差の問題は、世界的な規模で広がり、その負の連鎖を断ち切れない状況にある。ユニセフが2012年にまとめた報告書では、日本の子ども(17歳以下)の相対的貧困率は14・9%(約7人に1人)で、先進35カ国中9番目に高い比率だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。