(鉄筆)「英語教員には、毎年…

「英語教員には、毎年3千億円の人件費が投入されている。それにもかかわらず、高校を卒業して英語をしゃべれるようになったという人はほとんどいない」。誰あろう、河野太郎行政改革担当相が文藝春秋2月号の特集「新・リーダーの条件」で、「安倍政権の暴れ馬、走り出す」と題して執筆した内容だ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。