(鉄筆)貧困家庭にある子どもの教育格差の…

貧困家庭にある子どもの教育格差の問題が深刻度を増している。厚労省の国民生活基礎調査(平成24年)によると、所得が平均的世帯の半分(年収122万円)に満たない家庭で暮らす18歳未満の子どもの割合を示す貧困率は、過去最高の16.3%、実に約330万人(6人に1人)にも上る。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。