(鉄筆)「小4のカベ」が学童保育にあった…

「小4のカベ」が学童保育にあった。対象児童が「おおむね10歳未満」とされていたからだが、児童福祉法改正で昨年4月からは小6までに拡大された。学校教育にはしかし、「小4のカベ」が存在する。授業レベルの変化に伴って現れるカベだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。