(鉄筆)文科省はやっと重い腰を上げ…

文科省はやっと重い腰を上げ、長年の懸案だった教員の長時間労働の是正に取り組む。6月に公表された「学校現場における業務の適正化に向けて~次世代の学校指導体制にふさわしい教職員の在り方と業務改善のためのタクスフォース報告」には、その改善方策が明らかされている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。