(鉄筆)これまで比較的あいまいだった「軽微ないじめ」…

これまで比較的あいまいだった「軽微ないじめ」の扱い方が、いじめ防止対策推進法に明記される方針だ。文科省のいじめ防止対策協議会が10月24日に開いた第6回会議で、その方向性を打ち出した。いじめ認知件数の把握などに影響を及ぼすとみられる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。