(鉄筆)『死ぬほど読書』(幻冬舎新書)という…

『死ぬほど読書』(幻冬舎新書)という、少々過激なタイトルの本が刊行された。著者は伊藤忠商事㈱社長時代、約4千億円の不良債権を一括処理しながらも、翌年度の決算で同社の史上最高益を計上し、世間を驚かせた丹羽宇一郎氏(元中国大使)である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。