(鉄筆)将棋に専念するか…

将棋に専念するか、高校進学を選択するか――。その選択で悩んでいた将棋界最年少プロの藤井聡太四段(名古屋大学教育学部附属中学校3年生)が最終的に「学業両立」の途を選び、高校進学(同附属高校)を決断したことが、日本将棋連盟の発表(10月25日)で明らかにされた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。