(鉄筆)「世界最大のシンクタンク」と…

「世界最大のシンクタンク」と言われるOECD(経済協力開発機構、日本を含む約30カ国加盟)がこのほど、社会的に恵まれない環境にある生徒のPISA調査(国際学力調査)の成績の傾向と、一部の生徒の成績が他の生徒よりも良い理由を分析した「ワーキングペーパー」を発表した。OECDから出される教育に関する各種データは、世界と日本の状況を比較検討する上で貴重な情報を提供してくれているが、今回の「ペーパー」も今後の教育のかじ取りをする上で参考になる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。