(鉄筆)作家で数学者の藤原正彦氏(お茶の水女子大学名誉教授)が…

作家で数学者の藤原正彦氏(お茶の水女子大学名誉教授)が『文藝春秋』3月特別号に「小学生に英語教えて国滅ぶ」という、刺激的なタイトルの教育改革論を展開している。副題に「一に国語、二に国語、三、四がなくて五に算数!」とあるように、国語教育の重視を訴えた内容で、読後、十分傾聴に値するとの印象を受けた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。