(鉄筆)「教育格差」に関する注目すべき調査結果…

「教育格差」に関する注目すべき調査結果が明らかにされた。ベネッセ教育総合研究所が朝日新聞と共同で実施した「学校教育に対する保護者の意識調査」で、「所得の多い家庭の子供のほうが、よりよい教育を受けられる傾向」、いわゆる「教育格差」について6割を超える保護者が容認していることが分かった(4月5日発表)。その内訳は、「当然だ」と答えた人が9.7%、「やむをえない」は52.6%で、「問題だ」としたのは、34.3%だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。