(鉄筆)滋賀県内の公立小学校に勤務…

滋賀県内の公立小学校に勤務していた40代の女性教諭の教員免許が3月末で失効していたことが分かり、同県教委から失職が通告された(4月27日の京都新聞より)。このような事例は、全国的に広がっており、教員自身の自覚はもとより、行政側の適切な指導が求められる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。