(鉄筆)「埼玉県『新学力調査』の凄さ 子どもが持つ…

「埼玉県『新学力調査』の凄さ 子どもが持つ学力以外の能力も把握可能」という見出しの記事(東洋経済オンライン、5月16日付)を読んで、正直ショックを受けた。「埼玉県が2015年から始めた学力・学習状況調査は、良い教師の条件が把握できる大変まれな取り組み。教師の実力にとどまらず、子どもの力が伸びる条件までわかる」というのだ。

また、「そもそも教育の本質的要素は、子どもがどれだけ高い結果を出したかではない。子どもの力をどれだけ伸ばせたかどうかだ。要するに『伸び率』が良い教師を見極める判断材料となる」という考え方だという。

「従来の試験では、全体の平均点がはじき出され、それと比べて高いか低いかという評価に終始していた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。