(鉄筆)「埼玉県『新学力調査』の凄さ 子どもが持つ…

「埼玉県『新学力調査』の凄さ 子どもが持つ学力以外の能力も把握可能」という見出しの記事(東洋経済オンライン、5月16日付)を読んで、正直ショックを受けた。「埼玉県が2015年から始めた学力・学習状況調査は、良い教師の条件が把握できる大変まれな取り組み。教師の実力にとどまらず、子どもの力が伸びる条件までわかる」というのだ。

また、「そもそも教育の本質的要素は、子どもがどれだけ高い結果を出したかではない。子どもの力をどれだけ伸ばせたかどうかだ。要するに『伸び率』が良い教師を見極める判断材料となる」という考え方だという。

「従来の試験では、全体の平均点がはじき出され、それと比べて高いか低いかという評価に終始していた。ただ、これでは一人一人の『伸び率』は見られない。たとえ平均点に達していなくても、『伸び率』を見て成長が認められれば、その生徒の力は伸びたといえる」と説明する。

県教委では、慶應義塾大学の研究所に対し、3年間で累計約90万人分のビッグデータの分析を依頼。そこで一定の因果関係として、「自制心や勤勉性、苦手でも頑張る気持ちといった要素(非認知能力)を伸ばせれば、学力は伸びていく」ことを突き止めた。

最後に、「現在の学校・教師の役割にビッグデータと最新技術が変革をもたらすとともに、子ども一人一人の学力や非認知能力が客観的に把握できるという新たな展開は、今後の教育の在り方に一石を投じることになる」と結んでいる。同県での取り組みに注目したい。

関連記事