(鉄筆)朝4時に起き、「おねがいゆるして」と…

朝4時に起き、「おねがいゆるして」と覚えたてのひらがなで訴えたにもかかわらず、殺されてしまった東京・目黒区在住の女児(5歳)の虐待事件(両親が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕)は、近来にない衝撃的な事件だ。

こんな事件が起きた場合、常に気になるのは、子供の虐待への支援体制であるが、関係者によると、お寒い状況なのだという。日本小児科学会の推計によると、虐待で亡くなる子供は毎年350人程度(1日約1人)に達するが、児童相談所は常に「人材不足」の状況といわれている。

事件を受け、6月21日に「なくそう! 子どもの虐待プロジェクト2018」が発足したのは朗報だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。