(鉄筆)主に都市部に居住する高校生が、……

 主に都市部に居住する高校生が、都道府県の境界を越えて地方で学校生活を送る「地方留学」が注目されている。日本財団がこのほど実施した「地方留学の推進に関する調査研究」で判明した(6月20日に発表)。

 それによると、回答があった教委のうち62.2%で「地方留学」の受け入れをしており、学力や学習意欲の高まりといった効果の総合評価についても「かなり感じる」「一定程度感じる」が60.8%に達し、生徒の視点からも「他者と協力する力」「基本的な生活習慣」などで成長実感があると回答。

 政府が6月15日に閣議決定した「まち・ひと・しごと創生基本方針2018」では、地方への新しい人の流れをつくる施策として、「地方の高校等への地域外就学等の促進」を掲げ、同日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2018」(骨太の方針)でも、「地域振興の核としての高校の機能強化を進める」ことを明記。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。