(鉄筆)英国の女性教師が、PISAで高得点をあげているフィンランド、日本、シンガポール…

英国の女性教師が、PISAで高得点をあげているフィンランド、日本、シンガポール、中国(上海)、カナダに滞在して各国を分析した本が注目されている。『日本の15歳はなぜ学力が高いのか? 5つの教育大国に学ぶ成功の秘密』(ルーシー・クレハン著、原題『賢い国:世界の教育力、成功の秘訣』、早川書房刊)だ。

この本を推奨する日本の教育学者は、「(著者は)日本の学校に関しては、中学の理不尽な規制=我慢の重視や、学校が勉強だけでなく人格形成の場となっていることを注視している」「班・学級など集団の責任が重く、個人指導もグループ内に多くが委ねられ、それが独創性を損ねている」などと日本の教育現場に厳しい見方を示す。

その半面、「先生方が授業を視察・共有する、能力評価ではない研修・改良法としての『授業研究』に着目している」「日本の先生方は米英に比べ時間にゆとりがあり、それは学級人数が『多い』からできる」などとし、これらが日本の教育手法の特徴だと分析する。

本書によると各国の教育事情の中から探り当てた、優れた学びを実現するための「原則」があるという。例えば、班活動、かけ算九九、文化祭などは「世界でも類を見ない日本式教育の『強み』だ」としている。

日本の「授業研究」のレベルは、国際的にも高い水準にあるにもかかわらず、評価はそれほど高いとは言えない。英国人教師の指摘を自信をもって受け止め、さらなる「学力の向上」に努めてもらいたいものだ。