(鉄筆)小・中学校での「起業家教育」への…

小・中学校での「起業家教育」への関心が高まっている。経済産業省が2015年に実施した調査で、小学校の10.2%、中学校の32.9%が起業家教育に取り組んでいる(全国の小・中学校2千校対象、有効回答数569校)、実に中学生の3分の1が「起業家教育」の授業を受けていることになる。

この最新の動きについて、東洋経済オンラインが7月10日付で、「学校で広がる『起業家教育』、成功の2つの鍵」と題して説明。その中で「50センチ革命」という言葉が登場する。

「50センチ革命」は、「小さな気づきを一歩に変える」という意味で、世界を変えるような発明やイノベーションも、目を見張るような改善も小さな気づきから始まる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。