(鉄筆)愛知県の小学校男子児童が…

 愛知県の小学校男子児童が7月17日、熱中症で死亡したのを受けて、宮崎県宮崎市では、市立西池小学校が昼休みに校庭で遊ぶのを禁止した。また、7月18日の最高気温が40度を超えるなど、猛烈な暑さが続く岐阜県多治見市の市立小泉小学校では、教室にエアコンがないため、午後の授業を打ち切って昼過ぎに児童を帰宅させる措置をとった(NHK、7月19日放映)。

 西池小学校は図書室などにしかエアコンがなく、3階の教室の温度計は34度を示していた。蒸し暑い中、子供たちは、水筒の水を飲んで暑さをしのいでいたという。

 一方、小泉小学校は、図書室など一部の部屋にしかエアコンがなく、6年生たちは温度計が35度を示す教室で給食を食べたあと、下校時に必ず帽子をかぶるよう指導を受けた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。