(鉄筆)残暑ともいえぬ猛烈な暑さが……

 残暑ともいえぬ猛烈な暑さが続く中、熱中症予防に欠かせない手段として水分補給が重視されているが、多くの小学校では水筒持参を校則で禁ずる学校側と、子供に給水させたい保護者の要求が対立するケースが増えているようだ。

 この「水筒問題」について、米国在住の作家で教育者の冷泉彰彦氏が自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で言及している。それによると、学校が水筒持参を認めない根拠は「逸脱」と「健康問題」にあるという。

 勉強に関係のないものは持ってきてはいけない小学校のルールにのっとれば、ジュースや炭酸飲料など逸脱した飲み物が入っている可能性のある水筒は許容できないという考え方だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。